心が現象面に鏡のように映る

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁34『あなたが鏡の前に立つと、鏡はあなたをそのまま映してくれる。

 

顔は鏡が映してくれるから、汚れていたら鏡を見たら気付くことができる。

 

しかし、心はどうだろう?あなたが見ている世界、つまりあなたの目の前に展開される現象面こそ、実はあなたの心を忠実に映し出してくれる鏡なのである。

 

外に起きていることに固定された意味は無いのである。それをどう受け止めているかのあなたの心が意味を決めている。

 

つまり、外に起きたことで嫌な気持ちになったり、責める気持ちになったら、そう思う自分の心が現象面に鏡のように映し出されたということなのである。

 

あなたが見ている世界は、あなたの心の反映に過ぎないのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170714194822j:plain

 

外に起きていることに固定された意味は無く、見ている世界は、心の反映に過ぎないのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、そのことを頭では理解しても、本当にそうだとは思えない。

 

本当にそうなのだと思えるようになるには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

心の中の想念や妄想による混乱が静まってくると、心の中の動きが見えてきて、外に起きていることに対して、勝手に反応しているだけなのだと分かってくる。

 

そのことによって、自分自身をより良く知っていくことができ、さらには、いろいろな気づきが生じることになる。

 

そのプロセスで、意識が高まっていくことが感じられ、そのことが最高の喜びであると捉えることができるようになっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

YSブログ研究会