直接原因(因)と間接原因(縁)

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁40『業の概念は縁起といって、私たちがみている実体は存在せずに、さまざまな原因や条件が寄り集まって存在する、ということである。

 

例えば、花は直接原因(因)である種子と間接原因(縁)である生育環境によって、花という結果(果)として成立するのである。

 

この直接原因(因)が、私たちの過去の体験・経験等によって刻み込まれた記憶、つまり業・カルマである。

 

この直接原因(因)である業が、間接原因(縁)と結びついて結果(果)をもたらすのである。

 

その結果(果)は新たな因になるといった連鎖が続いていくのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170717195935j:plain

 

直接原因(因)は、過去の体験・経験等によって刻み込まれた記憶、業・カルマなのだね。

 

目の前の現象である絶えず変化するものに対して、業・カルマによって勝手に反応してしまうことで、振り回され疲れてしまう。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、その反応が激しくなり、悩みや苦しみの多い生き方になる。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

やり続けることで、本当に価値あるものは、変化するものではなく、変化しないものであると思えてくる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

YSブログ研究会