命が永遠であることの自覚

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁62『私たちの真の実在は、生れることも無く、死ぬことも無い、永遠の命である。

 

それは魂であり、「神の命」といってもいい、「永遠の命」のことである。

 

それに対して、普通私たちが自分と捉えているこの肉体の命は、生まれて、そして、いつかは死ぬ。

 

私たちはこの肉体の命の中で、様々な体験を通して真我に目覚めていくのである。

 

自分を肉体と捉えて命が有限であると思うか、自分を魂と捉えて命が永遠であると思うかによって、人生が全く違うものになるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170726182443j:plain

 

私たちの真の実在は、生れることも無く、死ぬことも無い、永遠の命なのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、自分は自分で生きているという思いが強く、目に見えるものが全てであると、物質に偏った捉え方になってしまっている。

 

そのために、原因と結果の法則で言うところの結果に翻弄され続ける生き方となるのだね。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分に意識を向け続ける。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、エネルギーの消耗が無くなることで、自分の内側がエネルギーで満ちてくる。

 

自分は自分で生きているのではなく、このエネルギーで生かされている、本当の自分(真我)は、そのエネルギーそのものなのだと思えてくる。

 

そのことによって、物事の捉え方が素晴らしく変わっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

YSブログ研究会