意識次元は無限でその世界も異なる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁64『私たちの意識次元は無限であり、あらゆる次元にその次元の世界があり、物語があるのだ。

 

高い次元にいる人と、低い次元にいる人は、出会いたくてもすれ違ったり、同じ空間にいてもまったく違う世界を味わうのである。

 

真我を開発し、自分の意識次元を上げていくと、まず、出会う人が自然に変わってくる。

 

すると当然、入ってくる情報が変わってくる。その情報や出逢いによって導かれるように、ほんとうの自分がやるべき事への人生の物語が展開されていくので得ある。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170727201624j:plain

 

高い次元にいる人と、低い次元にいる人は、出会いたくてもすれ違ったり、同じ空間にいてもまったく違う世界を味わうのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、偽我の自分を喜ばせるための動きとなり、宇宙の法則とズレた生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想が静まり、心の中が澄み切ってくる。

 

自分の外側に惑わされることなく、常に自分の内側に意識を向け続けることで、物事の捉え方が素晴らしく変わってくる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

YSブログ研究会