脳で考えた価値観を超越する

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁44『あなたは、完全、完璧である。もともと生まれた時から、完全、完璧なのである。

 

それは、一般的に言われるところの、非の打ちどころがないということでも、完璧主義ということでもない。

 

今のままのあなたで完璧ということである。

 

これから何かを学んで、練習して、身につけるのではなく、生れたときからあなたという存在はありのままで、もう既に完璧なのだ。

 

なぜなら、あなたは宇宙の存在であるからだ。

 

宇宙が生んだものであるからだ。

 

この世に宇宙の存在でないものは何一つない。

 

大自然も、動物も、人間も、現象も、大いなる宇宙の存在そのものなのである。

 

宇宙は大調和の世界であるから、あなたという存在は調和の中にいるのである。

 

あれができる、これができる、稼ぎが良い、悪いなどというのは、人間が作った小さな価値観にすぎない。

 

人間は、脳で考えることがすべてで偉大なことだと思っているが、それは大きな錯覚である。

 

人間の脳を創ったのは、命を生んだのは、何か、その完璧に目を向けるのである。

 

宇宙意識は、人間の脳で考えた価値観などはるかに超越した、もっと広く高い意識である。

 

そして、それがあなたの本当の姿なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170908232318j:plain

 

あれができる、これができる、稼ぎが良い、悪いなどというのは、人間が作った小さな価値観にすぎないのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、目の前の現象に対して、偏って捉えてしまうので、適切な判断ができなくなってしまい、上手くいかなくなる。

 

「これは凄い。」「あの人は凄い。」などと、あまりにも過剰に反応してしまうのは、何か自分の中に、大きな拘りがあると捉えたほうが良いね。

 

だから、バランスを崩しているのだと気づくことができる。

 

全てが大いなる宇宙の存在そのものとなっていくには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向けるづけることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中がどんどん澄んでいく。

 

心の中の混乱が無くなると、心の動きが見えてきて、心が揺れ動くことで、エネルギーが消耗することに気づくことができる。

 

心が動かないと、自分の内側にエネルギーが満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

豊かな自分で在ることで、物事の捉え方が素晴らしくなって、軽やかに生きることができるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

 

YSブログ研究会