先祖の絶大なる魂の後押しを受ける

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁62『よく、「子はかすがい」という言葉を使うが、実は先祖がかすがいである。

 

私たちは誰一人例外なく、両親から生まれ先祖がいる。

 

表面的にどう見えようが、両親も先祖も、子孫の繁栄を願わないものはいない。

 

目に見えなくても先祖は魂の応援をしているのである。

 

そして、その子孫の伴侶の幸せはどうでもよいということはないのである。

 

なぜなら、命が男と女の双方がいてつながっているという真理は、誰も否定できないからである。

 

自分の先祖は、自分の夫を、妻を、応援してくれているのだ。

 

同時に、夫の、妻の先祖は、自分を応援しているのだ。

 

夫は妻の、妻は夫の先祖の絶大なる魂の後押しを受けているのである。

 

男と女は、実は、先祖がかすがいなのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170917183954j:plain

 

両親も先祖も、子孫の繁栄を願わないものはいなく、目に見えなくても先祖は魂の応援をしているのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、自分は自分で生きている思いが強く、5感で認識できるものが全てであるという思い込みから抜け出して発想することができない。

 

そのため、部分を捉えて、全体を把握したつもりなって、判断することになり、上手くいかなくなる。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想が静まり、心の中が澄んでくる。

 

自分の内側でのエネルギーの消耗が無くなることで、自分の内側がエネルギーで満ちてくる。

 

この満ちたエネルギーによって、自分は宇宙に生かされている存在であり、このエネルギーは永遠なのだと思えてくる。

 

さらには、5感で認識できるものは常に変化し続けているが、この永遠なる変化することのないエネルギーにこそ価値があるのだと思えてくる。

 

エネルギーに満ちた豊かな自分から発想することで、物事の捉え方が素晴らしくなっていくのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

YSブログ研究会