老若男女問わず最も安全で楽な道

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁66『強い人というと、競争に勝つ、力が強い、弁が立つなど、相手を負かすイメージを持つが実はそうではない。

 

人とぶつかって、力で勝つ方法では、敵を作りやすい。

 

負けないように、いつも自分を権力や言葉や金などで武装していなければならないだろう。

 

これは、自分自身が一番つらい、いばらの道である。

 

そうではない最も良い方法は、相手を受けれることである。

 

受け入れるということは、相手の言う通りのことをやるということではない。

 

相手の良いところを見つけて、心から認めて讃えるのである。

 

自分を認めてくれたときに、人は心の扉が開く。

 

そうしたら、相手は、自然と自分から行動するようになるのだ。

 

老若男女問わず、人はそのようにできている。

 

一切のトラブルがなく、力もいらない、最も安全で楽な道なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170919224431j:plain

 

自分を認めてくれたときに、人は心の扉が開くので、相手は、自然と自分から行動するようになるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、自分にインプットされた基準(価値観、固定観念、先入観、思い込み、拘りなど)に基づき判断するので、自分を裁いたり、相手を裁いたりするので、自分や相手を認めることができない。

 

絶えず「こうしなければならない。」「ああしなければならない。」などの葛藤があり、とてもエネルギーを消耗する生き方になってしまう。

 

その結果として、心の奥底がエネルギー不足になって、それを満たすために、自分の外側への欲望が生じることになる。

 

仮に欲望が叶えられても、心の奥底のエネルギー不足は解消されないので、また新たな欲望が生じて、この欲望は尽きない。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでいく。

 

心の中が混乱によってエネルギーを消耗したことは、心の中が澄み切ってきた時に気づくことができる。

 

自分の内側がエネルギーで満ちてきて、豊かな自分に気づくことができる。

 

豊かな自分で在り続けることで、自分の外側への欲望は自然に無くなり、目の前の現象に適切な判断ができるようになっていくのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

 

YSブログ研究会