人間に内在するただひとつの実相

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁80『人間はみな等しく真我の存在である。

 

真我とは、宇宙意識、内在する神、全体意識、歓喜、あるいは愛と感謝の心、物心などと表現できる。

 

真我は、人間のもっとも奥深い部分に内在するただひとつの実相であり、それより浅い部分に無限の意識次元が存在する。

 

あの人は意識が高い、この人は意識が低いという言い方をするが、意識が高くても低くても、その中間でも、人間は等しく真我なのである。

 

意識の高い人が優位で、低い人は劣るわけではない。

 

みな、過程なのでだ。

 

今、どの意識次元で生きていても、それは一つの過程であり、変化していく可能性があるのである。

 

しかしながら、どの次元であっても、その奥にある普遍の真我、我々の本体なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170926201555j:plain

 

真我は、人間のもっとも奥深い部分に内在するただひとつの実相であり、それより浅い部分に無限の意識次元が存在するのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、5感で認識するものが全てであり、自分は自分生きているとの思いが強くなっていて、目の前の現象に対して、部分的な偏った見方しかできなくて、一瞬、一瞬の判断が適切でなく上手くいかない。

 

その結果として、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心にハマって一体となって分からなかった心の動きが、分かるようになる。

 

目の前の現象に対して、心がどのように反応しているのかが、俯瞰して見ることができると、いろいろな気づきが多くなってくる。

 

「こんなことで、心が反応するのだな。」「あんなことで、心がゆれるのだ。」などと、自分をより深く知っていくことができる。

 

真我の自分に意識を向けていると、軽やかな気分で在り続けることが分かると、自然に真我の自分に意識を向け続けることができるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

 

YSブログ研究会