人は場の力によって変化する

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁102『人は、場の力によって変化する。

 

子供は、両親の育てられ方や、入学した学校などという環境によって、経験するもの、体験するものが左右にされる。

 

その経験・体験が、後々の人生に影響してくる。自分で自分を変えられない場合は、場を変えてみるという手がある。

 

引っ越しをしたり、職場を変えてみたり、あるいは病気の場合は療養環境を変えてみるのである。

 

そのことで、今まで感じていたストレスが軽減されたり、自分を導く人との出会いがあったりというチャンスも生まれてくる。

 

人は自分一人の考えだけではなかなか変われないものである。

 

いくら考えても、今までと同じ自分の考えが出てくるだけで結果を変えることはできない。

 

コップに入った水をいくらかき回しても、透明なままだ。

 

しかし、そこに青いインクを一滴垂らすだけで、その水は青くなるのである。

 

人との縁で、人は変わる。』とある。

 

f:id:tamago0141:20171007203120j:plain

 

自分で自分を変えられない場合は、場を変えてみるという手があるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、心と自分とが一体となってしまって、心に振り回され続けることになる。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中がどんどん澄んでくる。

 

その結果として、心の動きが分かってきて、5感の認識で勝手に反応してしまっていることに気づくことができる。

 

その反応に振り回されることなく、俯瞰して見て手放してく。

 

反応が少なくなっていくと、エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側が満ちてくる。

 

悩みや苦しみが生じなくなり、軽やかに生きることができるようになっていくのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

 

YSブログ研究会