現象は意識次元によって変わる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁112『今、この世で起こっている苦しみの原因は、分離の意識である。

 

自分と他人、自国と他国というように、人は自分と他者を分けて考える癖がある。

 

このことは、社会活動でも言えることである。

 

政治、教育、医療、経済、それぞれは違う分野だから、違う観点での考えで行ってしまう。

 

何か問題が起こったら、目に見えるものの形を変えようとする。

 

しかしそれは、低い意識次元での考えと言わざるを得ない。

 

根本に何があるかということをわからないと、本質的な解決にはならないのである。

 

社会に起きていることは、すべて、私たちの意識が形となって表れたものである。

 

現象は、意識次元によって変わっていくのである。

 

それゆえ、究極の意識、真我の意識で物事を行うことが天に沿う道である。

 

真我に沿った政治、真我に沿った医療、真我に沿った教育を行うのだ。

 

真我の方向に一丸となって進んだら、おのずと整っていくのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20171012195257j:plain

 

今、この世で起こっている苦しみの原因は、分離の意識なのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、その分離の意識が強まって、悩みや苦しみの多い生き方となってしまう。

 

以前、年度末ぐらいになると、ネガティブな感覚に囚われることが多かったのは、意識が低くなっていると、年度末の変化多い不安な意識に、つながっていたからなのだと気づいた。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄み切っている。

 

その結果として、エネルギーの消耗が無くなると、自分の内側がエネルギーで満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

本当に自分を認めることができると、目の前の現象に振り回されることなく、軽やかに生きることができるようになっていくのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

YSブログ研究会