業の多い人ほど、悟りには近い

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁62『世の中には、早く悟れる人となかなか悟れない人がいる。

 

早く悟れる人は、真剣に求めていると人か、大きな悩みや苦しみを抱えている人である。

 

悟りに時間のかかる人は、人生を真剣に考えていない人か、観念でもう知っていると思い込んでいる人である。

 

かつて親鸞聖人が「善人なおもて往生す、いわんや悪人をや」と言った。

 

善人が救われるのに、悪人が救われないわけはない、悪人の方が救いやすい、という意味である。

 

悪人とは、業やカルマの多い人のことを指している。

 

問題を多く抱えている人ほど、真剣に求めるから、悟りを得やすいのである。

 

薄曇りの間は雨は降らないが、雨雲になって雨が降り、雨が上がれば天気が晴れる。

 

業の多い人ほど、悟りには近いのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170601210239j:plain

 

悟りに時間のかかる人は、人生を真剣に考えていない人か、観念でもう知っていると思い込んでいる人なのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、観念でもう知っていると思い込んでいるものに囚われて、そこから抜け出すことができない。

 

頭にいくら知識をインプットしても、偽我の自分で偽我の自分を変えようとしても、その囚われからは抜け出すことができず、低い意識のままで留まってしまう。

 

視野が狭く偏った物事の捉え方になっているので、はんだが不適切となり、上手くいかず、悩みや苦しみの多い生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側が満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

豊かな自分で在り続けることで、物事の捉え方が素晴らしくなり、重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていけるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ―究極の悟りを求めているあなたへ

YSブログ研究会