フタを取って素晴らしい人生を送る

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁88『心の構造は三つでできており、一番奥に真我という黄金があり、その上に業という石ころやゴミが溜まり、その上から理性というフタをしている。

 

サラリーマンが、会社で上司にペコペコしているのがフタである。

 

しかし、会社帰りに焼き鳥屋で、愚痴や不満をぶちまけるのがゴミである。

 

これを普通、本音と呼んでいる。

 

しかし、そのもっと奥に本当の本音があるのだ。

 

なぜ愚痴や不満を言うかというと、もっと認められたい、愛されたいからである。

 

しかし、認めてくれない、愛してくれないから、恨んだり憎んだりするのである。

 

フタを取って、ゴミを出して、黄金を出して生きれば、本当に素晴らしい人生が送れるのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170614184349j:plain

 

なぜ愚痴や不満を言うかというと、もっと認められたい、愛されたいからなのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、インプットされた基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)に囚われて、その基準によって自分や相手を裁き続けることになる。

 

エネルギーを消耗し、常に自分自身が満たされていないので、自分の外側へと欲望が生じて、その欲望が叶えられることで、自分自身が満たされると思い込んでしまう。

 

たとえ、欲望が叶えられても、束の間の喜びだけで、自分自身が満たされることは無いので、また新たな欲望を追い求めることになり、それは尽きないのだね。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想が静まり、心の中が澄んでくる。エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側がエネルギーで満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

常に豊かな自分で在り続けることで、自然に自分の外側への欲望は消えて、目の前の現象に振り回されることが無くなる。

 

悩みや苦しみの重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていけるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ―究極の悟りを求めているあなたへ

YSブログ研究会