自分自身が光そのものになる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁126『自分のことしか考えない人は「エゴが強い人」と非難され、人とぶつかる。

 

自分を犠牲にして「人のため」と言っている人は、実は本心でないことが多い。

 

隣の国の戦争よりも、自分の顔にできたニキビの方が気になるものだ。

 

「人のため」というのは「偽り」になるのである。

 

自分のためにやるとエゴになり、人のためにやると偽りになる。

 

灯台は多くを照らすが、足元は真っ暗である。だからと言って、足元を照らしたら、遠くの船を照らすことはできなくなる。

 

では、どうしたらいいのか。それは、灯台自体が光になることである。

 

灯台自体が光になれば、その光は、足元も遠くも照らすことができる。

 

自分自身が光そのものになれば、まず自分が喜びでいっぱいになり、自分の近くにいる人から順番に明かりを照らすことができ、一切の矛盾がなくなるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170703192401j:plain

 

自分のためにやるとエゴになり、人のためにやると偽りになるので、自分自身がが光になることで一切の矛盾がなくなるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、インプットされた基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)に囚われて、エゴや偽りの行為になってしまう。

 

その基準に基づき、自分や相手を裁き続けて、エネルギーを消耗することで、視野が狭くなり物事を偏って捉えてしまう。

 

一瞬、一瞬の判断が不適切なり、上手くいかなく、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方となってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなると、自分の内側がエネルギーで満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことがでいる。

 

豊かな自分で在り続けることで、自然に自分の外側への欲望は生じなくなり、目の前の現象にも振り回されることがなくなる。

 

悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていけるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ―究極の悟りを求めているあなたへ

YSブログ研究会