知識でなく意識の壁を打ち破る

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁24『私たちが、何かの状況を乗り切るときに、ブレークスルー思考といって、自らの発想の壁、限界を打ち破るといった発想がある。

 

このように、観念上の良い話などを聞いて、自分の今まで持っていた考え方や発想が崩れ、更にもっと広がっていく方法は、「横のブレークスルー」と言っている。

 

これに対して、真我を開発するとは、「縦のブレークスルー」である。

 

知識ではなく、意識の壁を打ち破っていき、意識の一番深いところ、魂の部分まで深く掘り下げていくこと、究極の意識、「真我」を体感することである。

 

そして真我の心が溢れ出せば、外から知識を入れることによって考え方を変えなくても、結果的に発想も考え方も広がってくるのである。

 

深く入れば結果的に広くなるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170130210849j:plain

 

知識ではなく、意識の壁を打ち破っていき、意識の一番深いところ、魂の部分まで深く掘り下げていくこと、究極の意識、「真我」を体感することなのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、知識を詰め込むことはできても、意識を高めることができない。

 

知識を増やすことで、囚われるものも増えてしまい、それによって、自分や相手を裁き、エネルギーの消耗も増えてしまうかもしれない。

 

エネルギーが下がると、どうしても視野が狭く物事を偏って捉えてしまうので、一瞬、一瞬の判断が不適切となり、上手くいかなくなる。悩みや苦しみの多い生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側がエネルギーで満ちてくると、自然に視野が広がり物事をより全体から捉えることができるようになってくる。

 

目の前の現象に振り回されず、上手くいくようになって、軽やかに生きることができるようになっていけるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ〈2〉

YSブログ研究会