瞑想で体の歪みを元に戻す

瞑想することで、体の中のエネルギーが滞っている箇所が、溶けて動いていく感じになる。

 

今までの心の偏りによる体の歪みが、宇宙におまかせすることで、元に戻してくれている。

 

心の偏りがエネルギーの滞りとなり、体が歪んでさらに悪くと痛みとなって、病気になることが、頭ではなく体を通して分かってくる。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶やインプットされたものに囚われて、それが心の偏りとなって、どんどん体の歪みが生じてくる。

 

エネルギーのレベルは下がるので、視野が狭くなり、物事を偏って捉えることで、何事も上手くいかない。

 

悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側がエネルギーの満ちてくる。

 

常に体の中を流れるエネルギーを感じていると、そのエネルギーの流れる音も、どんどんクリアになってくる。

 

エネルギーのレベルが高まることで、自然に視野が広がり物事をより全体から捉えることができるようになってくる。

 

それによって、一瞬、一瞬の判断が適切となり、何事にも上手くいくようになっていけるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

YSブログ研究会