真理に出合い、本質に戻る

ヨグマタ 相川圭子 著 シッダーマスターが示す悟りへの道 頁309に、『自分の外側のものは常に変化し、不安定なものです。

 

それに依存して豊かさを得ていても、いつそれが自分の手元から離れていってしまうか、あてにできない存在です。

 

肉体も年をとり、老化し、病み、美しさを失います。

 

心も常に動いていて、不安定です。

 

それらは皆、本来自分のものではないからです。

 

その自己ではなく変化するものに喜びと幸福を見いだし、執着すること、欲望をもつことは、浅はかであり、無知であり、苦しみをつくり出しているのと同じことです。

 

ですから、真理に出合うこと、本質に戻ること、目覚めることが急務なのです。

 

仏陀は、菩提樹の下で座禅を組み、悟りの境地を得ました。瞑想をして、サマディを得たわけです。

 

王宮を出て出家し、七年間ヒマラヤの仙人、聖者を訪ね、修行して悟りを得たのです。

 

仏陀は瞑想することで本質に出合い、悟りを得ました。

 

そのための道が、ヒマラヤの教えなのです。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまってる自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛ってしまい、視野が狭く、物事を偏って捉えてしまい、何事にも上手くいかなくなってしまう。

 

悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側からエネルギーが満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

豊かな自分で在り続けることで、自然に視野が広がり、物事をより全体から捉えることができるようになって、何事にも上手くいくようになっていくのだね。

 

悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

 https://www.youtube.com/watch?v=0W99dYPOfnQ&t=145s 

https://www.youtube.com/watch?v=1mJNZaEmLYI&t=2s

https://www.youtube.com/watch?v=y1ZZg65tHsU

https://www.youtube.com/watch?v=x_hUbYv3wHg

YSブログ研究会