心身のカルマの浄化と平和

ヨグマタ 相川圭子 著 心がとけると愛になる 頁149~150に、『自分自身のカルマを浄めることのできる波動とは、いったい何でしょうか。

 

それは祈りの波動と瞑想の波動です。

 

祈りの瞑想でしっかり信頼を深めます。次に聖なる音の波動の瞑想秘法をいただきます。

 

その波動は、人工的につくりだされたものではなく、自然そのものの波動、神からの贈り物であるとともに、真のサマディマスターにより唱えられ浄められ、パワーアップした聖なる波動です。

 

それは本を読んだりして得られるものではありません。

 

ディクシャという高次元のエネルギー伝授とともに、直接その音の伝授を受けることで、あなたの内側にスーッと溶け込み、深く、聖なる音の種が植えられるのです。

 

その聖なる波動の瞑想法をサマディ瞑想といいます。

 

聖なる波動は、あなたの奥深いところから、あなたのカルマを浄めてくれます。

 

サマディ・ディクシャというエネルギー伝授の儀式と、サマディ瞑想の伝授によって、その音の波動をいただき、持つことによって、あなたは安全に、楽に、シンプルに、自然に心身のカルマの浄化と平和のための瞑想修行をはじめていくことができるのです。

 

そしてやがて川が海に流れ込むように意識が広がり、ワンネスになっていくことができるのです。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛ってしまい、視野が狭く、物事を偏って捉えてしまい、何事にも上手くいかず、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側からエネルギーが満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

豊かな自分で在り続けることで、自然に視野が広がり、目の前の現象に振り回されなくなってくる。

 

物事をより全体から捉えることができるようになって、何事にも上手くいくようになっていくのだね。

 

悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

 https://www.youtube.com/watch?v=0W99dYPOfnQ&t=145s 

https://www.youtube.com/watch?v=1mJNZaEmLYI&t=2s

https://www.youtube.com/watch?v=y1ZZg65tHsU

https://www.youtube.com/watch?v=x_hUbYv3wHg

心がとけると愛になる: 夢をかなえる秘密の教え

心がとけると愛になる: 夢をかなえる秘密の教え

  • 作者:相川 圭子
  • 発売日: 2011/12/06
  • メディア: 単行本
 

 

YSブログ研究会