成功するのに大切な要素

ヨグマタ 相川圭子 著 成功の源泉 頁58〜59に、『心のいやな思いや、執着の思いにスイッチが入ると、心がなにかを引き寄せ、くっついてしまいます。

 

それを観察して、心に振り回されない、つまり心の奴隷にならないように、今にとどまることが大切です。

 

そうした想いが消えていくのを待っていて、正しく見るのです。

 

欲望のままに、ああ、これを食べたい、あの装飾品がほしい、あの洋服が欲しいなどと思わないで、ただこういうものがある、と客観的に見るのです。

 

あるいは見たもの、聞いたことに対して、湧き上がるよくない思いや、あるいは良い思いなども、いろいろ想像のほうに行かないで、それを見ているのです。

 

そのなりゆきを見守ります。

 

それが、ただ見るということなのです。

 

心が働いていても、それを見ていて流せる状態です。

 

やがてただ見て、浮かんできてもそれを捕まえないでただ見ています。

 

やがてなにも想いが湧き上がらなくなります。

 

なにも動かないのです。

 

これは高度なことではあります。

 

ただ意識が、それを見ているのです。

 

それが不動の心です。

 

それは、心が離れてそこにないという状態です。

 

心が働いていないのです。

 

この静かな心でリラックスする修行で、全体を見ることができます。

 

一瞬で、あるいは直感でなにをしたらよいのかがわかるのです。

 

そして正しい判断をしていくことが自然にできるようになります。

 

それは成功をするのに大切な要素なのです。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛ってしまい、視野が狭く、物事を偏って捉えてしまう。

 

何事にも上手くいかなくなって、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなり、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

豊かな自分で在り続けることで、自然に視野が広がり、物事をより全体から捉えることができるようになって、何事にも上手くいくようになっていくのだね。

 

悩みや苦しみの多い重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていける。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

 https://www.youtube.com/watch?v=0W99dYPOfnQ&t=145s 

https://www.youtube.com/watch?v=1mJNZaEmLYI&t=2s

https://www.youtube.com/watch?v=y1ZZg65tHsU

https://www.youtube.com/watch?v=x_hUbYv3wHg

成功の源泉 ―瞑想がひらく人生の真理

成功の源泉 ―瞑想がひらく人生の真理

 

 

YSブログ研究会