人生をより豊かに生きることができる

ヨグマタ 相川圭子 著 奇跡はいつも起きている 頁176に、『もっと自分を信頼し愛することです。そうすることが魂の喜びとなるのです。

 

真理に出会う道を歩んでいくことができたなら、その人生は、苦しみから解放されます。

 

心と体をよりクリエイティブに生かして、人生をより豊かに生きることができるのです。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛ってしまい、視野が狭く、物事を偏って捉えてしまい、何事にも上手くいかず、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側からエネルギーが満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

豊かな自分で在り続けることで、自然に視野が広がり、物事をより全体から捉えることができるようになって、何事にも上手くいくようになっていくのだね。

 

悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

https://www.youtube.com/watch?v=5sADOx50XnI

https://www.youtube.com/watch?v=qkBWX4vTWGA

https://www.youtube.com/watch?v=yr7bIIQn7nU

https://www.youtube.com/watch?v=3f4sPO1NEz0

https://www.youtube.com/watch?v=CcYdA05BKSk

https://www.youtube.com/watch?v=oaiA47ZjhaQ 

 

黎明 下巻 頁217 『・・・焦りや、自分の意識状態に対する否定的な想念は自我に属するもの・・・雑念を払いのけようとすれば、その人の心は雑念に対する否定的な想念で支配される・・・雑念を「無視する」・・・「無視する」という態度は、どんな雑念が起こってきてもそれを気にすることなく、ただ眺めていれば良いという意味で、それについてあれこれ考えたり、判断したり、抵抗したりせずに放って置くと、元々自我の心が造り出した実体のないものですから、エネルギーの供給がなくなると雑念は自然に消えて逝きます。