起きたことの原因を探る習慣

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁112『事務所で、警報機がジーン!と鳴り響いていたとする。

 

その時、警報機がなっている原因も知らないで、ただ「うるさいから止めよう」と言って止めてしまったらどうだろうか。

 

もし本当に火事だったら、大変なことになってしまう。

 

なぜ、警報機が鳴ったのか、その原因を知ることが大事なのだ。

 

あなたの体のどこかが痛んだ時、ただ痛いからといって痛みを止めてしまったら、原因はわからないままだ。

 

あなたの人生に起きることや、あなたの体に起きることは、どんな些細なことでも、あなたに何かを気づかせてくれるメッセージなのだ。

 

だから、起きたことの原因を探る習慣を持つのだ。

 

天があなたに送ってくれたメッセージを聞くのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170626220913j:plain

 

人生に起きることや、体に起きることは、どんな些細なことでも、あなたに何かを気づかせてくれるメッセージなのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、5感で認識したものが全てであると思い込んでしまって、目の前の現象に振り回されることになる。

 

原因ではなく結果だけに反応し続けて、表面的なものだけを捉えているので、いつまでも同じことが繰り返される。

 

悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄み切ってくる。

 

目の前の現象に勝手に反応してしまったものが、反応しなくなり、フラットな状態で対応できるようになって、一瞬、一瞬の判断が適切となり、上手くいくようになっていく。

 

そのことで、自分の内側をクリアにすることで、自分の外側のものが整ってくることに気づくことができる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ―究極の悟りを求めているあなたへ

夢から目覚め本当の自分で生きる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁110『仮相とは、夢の世界である。実相とは、夢から目覚めた世界である。

 

実相とは、神の世界であり、神に目覚めていなければ、人は仮相の世界で寝ていると言えるのである。

 

人は怖い夢を見ると、寝汗をかいたり、うなされたり、金縛りにあったりする。

 

しかし、目が覚めると、何もなかったことに気づく。それでもまだ、汗をかき、心臓は脈打っているのだ。

 

たとえ起きていても、持ち越し苦労や取り越し苦労をしている。

 

人は、起きていながら寝ているとも言えるのだ。

 

真我に目覚めたら、一瞬にして、実相の世界に生きることができるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170625201656j:plain

 

持ち越し苦労や取り越し苦労をしている人は、起きていながら寝ているとも言えるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、持ち越し苦労や取り越し苦労が生じて、悩みや苦しみの多い生き方になってしまう。

 

過去の記憶に囚われて、今に生きることができない。

 

自分や相手を裁くことになり、エネルギーを消耗することで、視野が狭く物事を偏って捉えてしまい、上手くいかない重苦しさがいつまでも続くことになる。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄み切ってくる。

 

エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側がエネルギーで満ちてくると、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

偽我の自分に意識が向いていることで、問題が生じて、その問題の答えが得られたとしても、偽我の自分で在る限り、その答えは問題であり、本当の答えではない。

 

本当の答えは、真我の自分で生きることなのだね。

 

「問題、問題、問題・・・」:偽我の自分、「答え、答え、答え・・・」:真我の自分になる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ―究極の悟りを求めているあなたへ

自分自身の役割通りに生きる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁108『アメリカのある大学の調査によると、世の中で成功者と言える人は、わずか三パーセントしかいないということである。

 

自分の思った通りになることが成功だとすると、わずかしか成功者になれない。

 

しかし、真の成功は、百パーセントの人が手に入れることができるのである。

 

それは、人と比較することでもなく、頭に描いたことを実現することでもない。

 

本当の自分自身を知り、自分自身の役割通りに生きれば、その瞬間から百パーセントの人が成功者になれるのだ。

 

自転車が自動車を見て、「あんなふうに早く走れるようになりたい」と思っていたら、永遠に成功できない。

 

しかし、渋滞に関係なく、ガソリンが不要で、どこでも走れるといった自転車独自の役割に気づけば、自転車のままで成功できるのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170625075647j:plain

 

真の成功は、人と比較することでもなく、頭に描いたことを実現することでもないのだね。

 

自分が自分dなと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、頭にインプットした知識や過去の記憶に囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というものに縛られ、視野が狭く偏った物事の捉え方をしてしまう。

 

その結果として、目の前の現象に振り回されて、一瞬、一瞬の判断が適切でなく、上手くいかなく、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

人と比較しないことで、楽になるのだけれど、どうしても比較してしまうことから抜け出すには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄み切ってくる。

 

その混乱が無くなると、エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側がエネルギーで満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

そうなってくると、どうすれば、より良く生きることが体を通して分かってくる。

 

頭の知識による理解の良い悪いで判断すのではなく、エネルギーの高まる方向に向っていけば良いのだということに気づく。

 

そうすることで、悩みや苦しみの多い重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようなっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ―究極の悟りを求めているあなたへ

 

自分自身を認められるようになる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁106『自分自身を認めたら認めた分だけ、力は出てくるのである。

 

自分自身を認めることが、自信を持つということである。

 

百の力があるのに、一しか認めなければ一しか力は出ない。

 

しかし、十認めれば、十の力が出、三十認めれば、三十の力が出る。

 

百の力があることを認めた時、初めて百の力が発揮されるのだ。

 

百の力を認めて訓練をすれば、今まで眠っていた力が出てくるのだ。

 

自分が持てる百の力を、全部認めるようになることだ。

 

百の力を全部認めるようになるには、あなたが神であることを自覚することだ。

 

なぜなら、神は百%だからだ。もともとある自分自身に気づけば気づくほど、意識は高まるのである。

 

自分を認められるようになることが、あなたの人生を素晴らしいものにするのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170623214847j:plain

 

自分自身を認めたら認めた分だけ、力は出てくるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、頭にインプットされた知識や過去の記憶に囚われて、自分の足りないところばかりを探してしまい、「こうしなけば・・・」「ああしなければ・・・」と限りなく自分を責め続けることになる。

 

とてもエネルギーを消耗し疲れてしまう。

 

そのため、視野が狭く物事を偏って捉えてしまうので、一瞬、一瞬の判断が適切でなく、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄み切ってくる。

 

その混乱が無くなると、エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側がエネルギーで満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

豊かな自分で在り続けることで、内なる喜びは消えることはなく、自然に目の前の現象に振り回されなくなる。

 

悩みや苦しみの多い重苦しさから解放され、軽やかに生きることができるようになっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ―究極の悟りを求めているあなたへ

絶えざる意識の向上を心がける

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁104『人は、職場でいじめられたり、周りの人との人間関係がうまくいかないと、どうしてもそこから逃げだたくなるものだ。

 

その時に、横に移動するか、縦に移動するかで、その後の人生が違ってくるのだ。

 

横に移動するというのは、職場なら転職、夫婦なら離婚ということだ。

 

それに対して、縦に移動するというのは、同じ場所、同じ環境にいながら、一挙に人間関係が素晴らしくなり、嫌いだった人を逆に愛せるようになるということだ。

 

それは、あなたの意識次元がアップするということでもある。

 

自分の意識を上げるには、今の環境をより深く見つめ、絶えざる意識の向上を心がけることである。

 

また、意識がアップしてくると、その環境が合わなくなることもある。

 

その時には、自然と適材適所に定まってくるのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170622203439j:plain

 

自分の意識を上げるには、今の環境をより深く見つめ、絶えざる意識の向上を心がけることなのだね。

 

意識を上げるには、エネルギーの高いものに意識を向けることになる。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、意識は低いままで留まってしまう。

 

目に見える物質ではなく、目には見えないものに意識を向けることで意識が高まる。

 

そのためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側がエネルギーで満ちてくることで、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

視野が狭く偏った物事の捉え方が変わり、視野が広がって、より全体から物事を捉えられるようになり、一瞬、一瞬の判断が適切となって、上手くいくようになっていくのだね。

 

悩みや苦しみ多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

左脳と右脳をバランス良く使う

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁102『左脳は、主に論理や数値、記憶を司どる脳であり、右脳は、主に感覚、直感などを司る脳である。

 

現代人は、知識詰め込み型の教育を受けてきたため、左脳ばかりを働かせ過ぎる傾向がある。

 

それに比べて、右脳を働かせることが少ない。

 

社会問題は、左脳か右脳が一人歩きをした結果起こるものである。

 

左脳が一人歩きして社会問題を起こす事例は、教育者や医者、官僚などに多い。

 

右脳が一人歩きして社会問題を起こす事例は、宗教家などに多い。

 

左脳も右脳も、真我を基盤に働かせなければ、誤りを犯してしまうことになる。

 

真我からの指令を受けた上で、左脳や右脳を働かせなければならないのだ。

 

真我あってこその、左脳・右脳であることを忘れてはならないのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170621193803j:plain

 

真我からの指令を受けた上で、左脳や右脳を働かせなければならないのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、頭にインプットされた知識や過去の記憶に囚われて、脳を偏った使い方をするためバランスが悪くなる。

 

視野が狭く偏った物事の捉え方をして、一瞬、一瞬の判断が不適切となり、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

頭にインプットされた知識や過去の記憶に囚われないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側がエネルギーで満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

バランスが良くなることでエネルギーの消耗が無くなり、エネルギーが満ちてくる。

 

エネルギーが満ちてくると、自分も分からなかったような体の歪みが、元に戻ってくる。

 

そのことによって、さらにバランスが良くなり、エネルギーが満ちてくることで、本当の自分(真我)に対する確信が深まっていく。

 

悩みや苦しみの多い重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていけるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ―究極の悟りを求めているあなたへ

生きているうちに生まれ変わる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁100『幼虫が大きく育つのが成長であり、サナギが蝶になるのが脱皮である。今までの考え方、生き方で人生を終わらせるのが良いのか。

 

それとも、大きく生まれ変わって、人生二度生きるのが良いのか。

 

これからは、成長よりも脱皮が必要な時代である。

 

人類の新しい生き方は、脱皮をするという生き方である。

 

脱皮とは、生きているうちに生まれ変わるということだ。

 

今までとは価値観が全く変わるということである。

 

今までの人類は、金やモノばかりに執着をしてきた。

 

しかし、神は既に総てのものを人類に与えているのである。

 

だから、総てをいただいていることに感謝することによって、その瞬間に幸せを感じることができるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170620181629j:plain

 

今までの人類は、金やモノばかりに執着をしてきたが、神は既に総てのものを人類に与えているのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、頭にインプットされたものや過去の記憶に囚われて、自分に足りていないことばかりを探して、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」といって、その不足を補おうとして、常に満たされないまま生きていくことになる。

 

悩みや苦しみの多い重苦しさが当たり前になってしまう。

 

そうではなく、自分の体を通して、本当の豊かさに気づくためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側がエネルギーに満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

常に豊かな自分で在り続けることで、自然に「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」という思いは無くなっていく。

 

悩みや苦しみの多い重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていけるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ―究極の悟りを求めているあなたへ

YSブログ研究会