幸せに通ずる道

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁72に、『あなたの人生そのものも、全体と個の融合である。

 

人生の中に、仕事があり、家庭生活があり、地域社会の生活がある。

 

ここで、仕事は仕事、家庭は家庭と切り離して考えてしまうと不調和が発生する。

 

仕事だけに精を出してお金が溜まったとしても、家庭での人間関係が悪かったり、健康を害してしまったりしたら、それで人生は満足であろうか。

 

死ぬときは、お金も土地も財産も家族も、すべてを置いていかなければならない。

 

であるならば、死ぬときに、自分がどのような人生であるのが良かったのかという、死から生を見てそれに沿うことが幸せに通ずる道なのである。

 

生まれてから死ぬまでのあなたの人生を全体としたときに、仕事はどのようにしたらよいか、家族とはどうしたらよいか、お客様とはどのようにせっしたらよいかがおのずとみえてくるのである。

 

あなたの人生という全体と、人生の側面である個を融合していくのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170923074331j:plain 

 

死ぬときに、自分がどのような人生であるのが良かったのかという、死から生を見てそれに沿うことが幸せに通ずる道なのだね。

 

目先のことで頭が一杯で、目の前の現象に振り回されていると疲れるし、悩みや苦しみも生じる。

 

そうなってしまっている思考の枠を広げていくことで、物事の捉え方が変わるね。自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされている基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)に囚われていて、それをベースに発想してしまうので、「できていないこと」や「悪いと思い込んでいること」ばかりに目が行ってしまう。

 

そうではなくて、「できていること」や「良いこと」だけに目を向けることで、豊かになってくる。

 

死から生を見るなら、「今、生きている」と、この素晴らしさを感じる。

 

「体が動く」と、この素晴らしさを感じる。

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続けることで、囚われていたものが外れていき、もともと豊かである自分に気づくことができる。

 

本当の幸せは、頭で描いたことを実現することではなく、本当の自分である真我に気づいていくことだね。

 

このことに関する確信が深まることで、どんどん豊かさを感じている割合が増え、常に豊かな自分になることができる。

 

なぜなら、もともと豊かだからだね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

全体と個の融合

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁70に、『私たちは、親と子、夫と妻、あなたと私というように、分離して考える。

 

しかし、本当は、もともとひとつなのである。

 

分離して考えると、そこには損得の意識や、優越の意識が芽生えてしまい、そこから悩みや苦しみが発生してしまうことになる。

 

子は親から生まれて、親の遺伝子を明らかに引き継いでいるわけだから、遺伝子のつながりとしてひとつとも言える。

 

命のバトンを引き継いで、一本の線の上を走者を変えて走っているのである。

 

夫と妻は、先祖の魂を後世につなぐ伝達者であり、延いては人類の命をつないでいくための役割を担っている。

 

あなたも私も、そのように同じ背景を与えられて、この世に生まれてきて、また役目を果たしていくのである。

 

そのように命という観点に焦点を当てると、全体と個の融合が私たちの生きる指針であることに至る。

 

分離しているように見える個は全体の一部であり、全体はその意識を個という役割によって成り立たせているのである。

 

個の意識が分離に向けば全体は不調和になり、逆に融合に向けば自然に調和が訪れる。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170921203629j:plain

 

命という観点に焦点を当てると、全体と個の融合が私たちの生きる指針であることに至るのだね。

 

5感の認識が全てであるとすれば、肉体である個を強く意識することになる。

 

それが、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に、意識を向けていることになる。

 

競争原理に基づく社会だと、普通に生活していると、どんどん分離の意識が強まってしまって、宇宙からすると不調和になっていくね。

 

過去の記憶として、インプットされている基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)の囚われが、強く意識されるので、それによって良い悪いの判断、裁きを続けることになる。

 

相手を責めたり、自分を責めたりすることが、癖になってしまうと、なかなか止めることができない。

 

エネルギーが消耗するので、ますます不調和なっていくね。

 

この負のサイクルから抜け出すには、どうしたら良いだろうか?

 

意識を向ける先を、個ではなく全体にすることになる。

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に向け続ける。

 

今まで拘っていたことに対して、「まっ、いいか。」と捉えられるようになっていく。

 

目の前の現象に振り回されることなく、受け入れることができるようなっていくね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

命の部分での使命

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁68に、『使命というと、社会的な職業に結び付けて考えてしまいがちであるが、ここで言う使命とは、もっと根幹的な命の部分での使命である。

 

両親がいて、その上にまたそれぞれの両親がいて、その上にまた両親がいてとたどっていくと、人類創成にまで至って自分の命がここにあるということに、今更ながら気づく。

 

その命という観点から、自分が今ここに在るということを見ると、使命というのは、単なる職業や立場を超えたところにあるということを発見できる。

 

個人として、日本人として、男あるいは女として、人間として、地球人としてと、視野を広げてより深い考えをすると、あなたという命の使命は、あらゆる次元に存在することがわかる。

 

そして、自分という個が全体であるということにも気づくのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170920184750j:plain

 

使命というのは、単なる職業や立場を超えたところにあるということを発見できるのだね。

 

現代社会の価値観の枠の中で発想していては、本当の使命には気づくことができない。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていて、心の中が想念や妄想で混乱していて、目の前の現象に振り回されていると、その価値観で良い悪いを判断し続ける人生になってしまう。

 

本当の使命に気づくことなく、人生を終えることになってしまう。

 

その価値観の枠を超えて発想するためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることだね。

 

そうすることで、自分は自分で生きているのではなく、宇宙に生かしていただいている、元々調和している存在なのだと思えてくる。

 

元々調和している存在なのにも関わらず、インプットされている基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)に囚われてしまって、頑張ってしまって不調和に自ら向かってしまっていたことに気づくことができる。

 

宇宙に生かしていただいているところからの発想で生きることで、とても上手くいき、豊かな人生を送ることができるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

相手を受け入れる凄さ

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁66に、『強い人というと、競争に勝つ、力が強い、弁が立つなど、相手を負かすイメージを持つが実はそうではない。

 

人とぶつかって、力で勝つ方法では、敵を作りやすい。

 

負けないように、いつも自分を権力や言葉や金などで武装していなければならないだろう。

 

これは、自分自身が一番つらい、いばらの道である。

 

そうではない最も良い方法は、相手を受け入れることである。

 

受け入れるということは、相手の言う通りのことをやるということではない。

 

相手の良いところをみつけて、心から認めて讃えるのである。

 

自分を認めてくれた時に、人は心の扉が開く。

 

そうしたら、相手は、自然と自分から行動するようになるのだ。

 

老若男女問わず、人はそのようにできている。

 

一切のトラブルがなく、力もいらない、最も安全で楽な道なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170919224431j:plain

 

相手の良いところをみつけて、心から認めて讃えるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、インプットされた基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)の囚われを強固なものにしてしまう。

 

そのため、その基準での裁きが自分や相手に対して続き、責めることが当たり前になってしまう。

 

そのことで、エネルギーをとても消耗しているのだけれど、そのことには気づくことはできず、疲れてしまっているのだけれど、そのことにも慣れてしまっていて、気づくことができなくなってしまっている。

 

そのため、常に満たされていない感覚に包まれていて、それを解消するために、自分の外側に、いろいろなものを求め続けることになる。

 

どんなに求め続けるけても、満たされない感覚は解消できないので、その欲望は果てないね。

 

ではどうしたら良いのだろうか?

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることだね。

 

囚われていた基準が薄れてきて、今まで受け入れことができなかったことが、受け入れることができるようになってくる。

 

自分を責めることが無くなってくることで、エネルギーの消耗が無くなり、とても楽になり、気分が軽やかになってくる。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

自分の認識の枠を超える

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁64に、『自分を何と認識するか。

 

人には、肉体としての人、霊体としての人、神体(しんたい)としての人がある。

 

肉体の人とは五感で捉える人である。

 

姿形、表情、声などで認識することができる。

 

もう少し深い捉え方をするのが霊体としての人である。

 

これは心、性格などとして捉えられるものである。

 

自分の本体を肉体として捉えると、自分はお金持ちだから優越感を感じるとか、自分は病気だから自身がないというような捉え方をする。

 

あるいは自分を霊体として捉えると、こんなに尽くしているのにわかってくれないとか、人見知りの自分はだめだと烙印を押してしまったりする。

 

人を肉体や霊体で捉えるということには、自分のセンサーが基準になるから、自分の認識の枠内でしか物事を見ることができない。

 

社会の価値観や教育されてきたことから外れていると、認めることができないという可能性がある。

 

では、どうしたらよいかというと、自分を神体として捉えるのである。

 

生まれながらにして宇宙のすべてと調和し、自分の周りのものと、もともとひとつであるという完全完璧であるという視点で見るのである。

 

頭で思えなくてもそれで押し通していけば、その方向に進んでいくのである。

 

なぜなら、それが真理であるからである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170918183944j:plain

 

社会の価値観や教育されてきたことから外れていると、認めることができないという可能性があるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、その社会の価値観や教育されてきた、インプットされている基準に囚われてしまっているので、そこからの発想しかできなくなる。

 

絶えず良い悪いの判断をし続け、自分を裁き、相手を裁き、良いと思い込んでしまっているものを追い求め頑張ってしまう。

 

宇宙からすれば、これは、どんどん不調和になっていることであり、悩みや苦しみを生み出していることになる。

 

人は元々調和している存在なのだから、頑張ってしまうことで不調和になることに、気づくことができると良いね。

 

そのためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることだね。

 

そうすることで、心の中の想念や妄想が静まり、心が澄んでくる。

 

さらには、心の中の混乱でエネルギーが消耗して、とても疲れていたことに気づくことができる。

 

エネルギーが満ちてきて、とても楽に生きることができる。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

 

人智を超えた応援の真実

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁62に、『よく、「子はかすがい」という言葉を使うが、実は先祖がかすがいである。

 

私たちは誰一人例外なく、両親から生まれ先祖がいる。

 

表面的にどう見えようが、両親も先祖も、子孫の繁栄を願わない者はいない。

 

目に見えなくても先祖は魂の応援をしているのである。

 

そして、その子孫の伴侶の反映も同時に願っているのだ。

 

自分の子孫の幸せは望むが、伴侶の幸せはどうでもよいということはないのである。

 

なぜなら、命が男と女の双方がいてつながっているという真理は、誰も否定できないからである。

 

自分の先祖は、自分の夫を、妻を、応援してくれているのだ。

 

同時に、夫の、妻の先祖は、自分を応援しているのだ。

 

夫は妻の、妻は夫の先祖の絶大なる魂の後押しを受けているのである。

 

男と女は、実は、先祖がかすがいなのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170917183954j:plain

 

夫は妻の、妻は夫の先祖の絶大なる魂の後押しを受けているのだね。

 

5感の認識が強力で、それが全てであると思い込んでしまっていると、個体としての自分に意識が向いてしまう。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分は、偽物の自分(偽我)なのに、偽我の自分で生きてしまう。

 

それは、宇宙の法則に反してい、不調和な生き方だら、悩みや苦しみが生じる。

 

悩みや苦しみは、宇宙からの有難いメッセージで、「不調和になっているよ。調和してね。」と解読できる自分になれると良いね。

 

そのためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、本当の自分である真我の自分に意識を向けることだね。

 

本当の自分である真我は、誰もに内在する究極の全体意識であり、愛そのもののになる。

 

心の中が想念や妄想でゴチャゴチャと混乱している状態だと、偽我の自分が優勢になっている。

 

偽我の自分が優勢だと、インプットされている基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)に囚われているので、それによって裁きまくることになる。

 

自分自身や周りの人に対して・・・。

 

本当の自分である真我に意識を向けることで、心の中の混乱が静まってくると、その基準による裁きが薄れてきて、あるがままを受け入れることができるようになってくる。

 

どんどん心の中が静まってくると、元々豊かな自分であることに気づくことができる。

 

本当の幸せとは、何かをすることや何かを得ることで得られるものではなく、元々豊かな自分である、本当の自分である真我に気づいていくことなのだね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

相手への感謝と尊敬の念

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁60に、『無敵というのは、あなたが万能であるということではない。

 

むしろ、自分が何もできないことを認めたときに無敵になる。

 

自分の弱いところ、苦手なことが得意な人を、認めて助けてもらう。

 

そうしたら、他人の良いところがたくさん見えてくる。

 

その良いところを活かそうとする。

 

そうすると、その相手が活きてくるということになる。

 

そのようにしていくと、自分一人では到底できなった大きなことができるようになってくる。

 

自分ができないということは、相手を活かすことであり、相手への感謝と尊敬の念が自然と出てくる。

 

自分の弱さを認めて、他の力を活かしていくことが無敵の世界である。

 

誰かを傷つけたりが我慢したりせずに、すべてを活かしながら調和していく世界なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170916194422j:plain

 

自分ができないということは、相手を活かすことであり、相手への感謝と尊敬の念が自然と出てくるのだね。

 

個体からではなく、全体から発想することで、見えてくるものがある。

 

宇宙は調和していて、人はその中で生かしていただいている存在だから、元々調和している。

 

だから、目の前の現象に対して、どのように対応しているのかが、とても重要になる。

 

たとえば、仕事で「小さなこと」でなく、もっと「大きなこと」がしたいと思ったら、それは既に自分の中にインプットされている基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)に囚われてしまっている。

 

その基準の囚われが無ければ、「小さいこと」が悪く、「大きいこと」が良いと言う思いは生じない。

 

また、その不満な思いの波動は、全体に悪い影響を与えている。

 

その基準の囚われから抜け出すことで、目の前のどんな仕事あっても、誠心誠意、淡々と行うことができる自分になっていく。

 

当然、そこからの波動は、全体に良い影響を与えている。

 

そのように全体に良い影響を与え続けることで、目の前の現象も、調和したものがどんどん現れてくる。

 

では、どうしたら、その基準の囚われから抜け出すことができるのだろうか?

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、その基準の囚われを強化してしまう。

 

そうではなくて、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続けることで、その基準の囚われが薄れていき、どんどん気分が軽やかになっていく。

 

意識が高まることで、調和した行いにつながり、人生が素晴らしくなっていくね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

YSブログ研究会