正しい判断と行為ができる

ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁35に、『欲望を満たすことは、感覚と心の喜びです。

 

それには終わりがありません。

 

エネルギーを使い、発展し続け、戦い続け、消耗し疲れていくことでもあります。

 

誰もが気づきを深め、正しい判断と行為ができる人に進化していく必要があります。

 

そして一番大切なことは、心の思いに執着したり、惑わされたりしないことです。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛ってしまい、視野が狭く、物事を偏って捉えてしまう。

 

悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。そうならないためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側がエネルギーで満ちてくる。

 

自然に視野が広がり、物事をより全体から捉えることができるようになって、正しい判断と行為ができる人に進化できるのだね。

 

悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

サマディ: 永遠の存在との出会い

https://www.facebook.com/yogmataaikawakeiko/videos/vb.169451696443662/883688971686594/?type=2&theater

https://radiocloud.jp/archive/aikawa

https://www.youtube.com/watch?v=SjiO8yJXgIc

純粋な存在に繋がる

ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁34に、『人は、純粋な存在に繋がることが大切です。

 

信頼して、そのパワーを引き出していくことが、人生を生き抜くうえで、とても大切なのです。

 

そうでなければ、常に自分、自分というエゴに翻弄されながら、苦しみながら生きていくことになります。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、目の前の現象に振り回されて、心が過去や未来に揺れ動き、エネルギーを消耗し続ける。

 

そのため、視野が狭く、物事を偏って捉えてしまい、何事にも上手くいかず、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側がエネルギーで満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

豊かな自分で在り続けることで、自然に視野が広がり、物事をより全体から捉えることができるようになって、悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていけるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

サマディ: 永遠の存在との出会い

https://www.facebook.com/yogmataaikawakeiko/videos/vb.169451696443662/883688971686594/?type=2&theater

https://radiocloud.jp/archive/aikawa

https://www.youtube.com/watch?v=SjiO8yJXgIc

捧げていく愛に進化

ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁29に、『ものや人につながるこだわりや執着の愛は、見返りを求めるゆえに、またその執着を手放せないので、悲しみや憎しみの愛になります。

 

そうした愛でなく、捧げていく愛に進化していくのがよいのです。

 

そういうものを実際に体験しながら、日々を過ごしていきましょう。』とある。

 

自分が自分だと思いおんでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛ってしまい、視野が狭く、物事を偏って捉えてしまう。

 

ものや人につながるこだわりや執着の愛を強めてしまい、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまうのだね。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側がエネルギーで満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

豊かな自分で在り続けることで、自然に視野が広がり、物事をより全体から捉えることができるようになって、悩みか苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていけるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

サマディ: 永遠の存在との出会い

https://www.facebook.com/yogmataaikawakeiko/videos/vb.169451696443662/883688971686594/?type=2&theater

https://radiocloud.jp/archive/aikawa

https://www.youtube.com/watch?v=SjiO8yJXgIc

本来の自然性を高める

ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁16に、『あなたにとって大切なことは、本来の自然性を高めることです。

 

「本当の自分」の姿に戻っていくことです。

 

自分がどこから生まれたのかを知り、自分のクオリティを、深く磨き上げていくことです。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、目の前の現象に勝手に反応してしまい、心が過去や未来に揺れ動き、とてもエネルギーを消耗してしまう。

 

視野が狭く、物事を偏って捉えてしまい、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側がエネルギーで満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

豊かな自分で在り続けることで、本当に自分を認めることができるようになっていくのだね。

 

自然に視野が広がり、物事をより全体から捉えることができるようになって、悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

サマディ: 永遠の存在との出会い

https://www.facebook.com/yogmataaikawakeiko/videos/vb.169451696443662/883688971686594/?type=2&theater

https://radiocloud.jp/archive/aikawa

https://www.youtube.com/watch?v=SjiO8yJXgIc

心が空っぽの純粋な意識

ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁13に、『もっと浄化して、深い愛から発する心によって、愛ある人になり、知恵ある人になっていただきたいと思います。

 

あなたが豊かな愛と平和の人になり、あなたの心が空っぽの純粋な意識になるなら、あなたは常に宇宙の限りなく大きな愛をいただけることでしょう。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛ってしまう。

 

視野が狭く、物事を偏って捉えてしまい、何事にも上手くいかなくなる。

 

悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。そうならないために、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

自分の内側がエネルギーで満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

自分は自分で生きているのではなく、自分は宇宙に生かしていただいている存在なのだと思えてくる。

 

心の奥底の不足感は解消されて、体の芯からスッキリしてくる。

 

悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていけるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

サマディ: 永遠の存在との出会い

https://www.facebook.com/yogmataaikawakeiko/videos/vb.169451696443662/883688971686594/?type=2&theater

https://radiocloud.jp/archive/aikawa

https://www.youtube.com/watch?v=SjiO8yJXgIc

心身が消耗しない生き方

ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁7に、『人は、本質の自分を知りません。

 

心が自分だと思っています。

 

心が欲望に翻弄されて、いつも心を使い、リラックスできないのです。

 

そして、自分のこだわりを周囲に押し付けたり、心が平和でなく、頑張って疲れて病気になったり、人間関係にひずみが生じたりしています。

 

あなたはこれから、心身が消耗しない生き方を学んでいきます。』とある。

 

心が平和と言っても、心の中が混乱している状態では分からず、その混乱している心に、振り回されることに慣れきってしまっている。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、心の混乱は静まらず、いつまでの心が平和になることはない。

 

心の混乱はエネルギーを消耗させ、とても疲れてしまい、視野が狭く、物事を偏って捉えてしまうので、何事にも上手くいかなくなる。

 

悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーでの消耗が無くなり、自分の内側がエネルギーで満ちてくる。

 

心の奥底の不足感は解消されて、体の芯からリラックスできて、心に平和が訪れるのだね。

 

自然に視野が広がり、物事をより全体から捉えることができるようになって、何事にも上手くいくようになっていく。

 

悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

サマディ: 永遠の存在との出会い

https://www.facebook.com/yogmataaikawakeiko/videos/vb.169451696443662/883688971686594/?type=2&theater

https://radiocloud.jp/archive/aikawa

https://www.youtube.com/watch?v=SjiO8yJXgIc

価値観を超えた生き方

ヨグマタ相川圭子著 サマディ 頁7に、『心が平和でないときには不安になったり、心配になったりします。

 

どんなに幸せであっても、心の幸せは、いつかは変化していきます。

 

心のメカニズムを知り、心をコントロールできる人になっていくのがよいのです。

 

これまでの心にとらわれた価値観を超えた生き方をすることです。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛ってしまう。

 

心の中は混乱し、目納前の現象に振り回されて、エネルギーを消耗することで、視野が狭く、物事を偏って捉えてしまい、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側がエネルギーで満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

豊かな自分で在り続けることで、自然に視野が広がり、物事をより全体から捉えられるようなっていくのだね。

 

悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

サマディ: 永遠の存在との出会い

https://www.facebook.com/yogmataaikawakeiko/videos/vb.169451696443662/883688971686594/?type=2&theater

https://radiocloud.jp/archive/aikawa

https://www.youtube.com/watch?v=SjiO8yJXgIc

YSブログ研究会