読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真我に目覚めるチャンス

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁108に、『私たちの世界には、迷いや苦しみが多くある。


病気であったり、人間関係であったり、借金などのお金の問題であったり、生きることへの迷いであったりする。


もがいて苦しんでいる人は、藁にもすがる気持ちで解決策を探す。


しかし、これは、真我に目覚める最大のチャンスであるのだ。


そして、真我に目覚めたら、一瞬で今までの苦しみがうそのように消えてしまう。


泥沼でもがき苦しんでいる時に、天から下がっている黄金のロープを見つけて掴んだら、そこから抜け出せるのである。


だが、時に人は、いったん抜け出せると、黄金のロープを放してしまう。


そうすると、また、元の泥沼の中で苦しむことになる。


黄金のロープを見つけたら、二度と放さないことだ。


すなわち、真我に目覚めたら、そこからは真我で生きる人生を歩むのだ。


真我を、何かの願望実現の道具と勘違いしてはいけない。


真我はあなたの実相であるから、その真理で生きていくのである。』とある。


f:id:tamago0141:20161231082628j:plain

 

もがいて苦しんでいる人は、真我に目覚める最大のチャンスなのだね。


自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に、耐えられなくなり、何とか偽我の自分から抜け出そうとするからだね。


偽我の自分に向き過ぎていた意識が、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に向けられ、本当の自分(真我、満月、まんまる)に目覚めたら、一瞬で今までの苦しみが消える。


苦しんでいたのは、偽我の自分であって、本当の自分(真我、満月、まんまる)は、常に喜び一杯だからだね。


そうなってくると、苦しみは、宇宙からの有り難いメッセージだと気づくことができる。


今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)

満月の法則

脳で考える限界

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁106に、『私たちの脳で考える結論には限界がある。

 

脳で考えると、そこには、範囲は違っても、自分のエゴ、家族のエゴ、会社のエゴ、国のエゴなど、計算や価値観が必ず入る。

 

エゴが入ると、自分の側は良くても、他者は良くないという矛盾が起きる。

 

価値観は分離の世界であり、自分と他者を分け隔てるのである。

 

その人間の考えで物事を行うと、いずれ、不調和が現れてくる。

 

では、どうしたらよいかというと、真我で物事に当たることだ。

 

政治、教育、医療、経済などの社会活動を、真我からの発想で行うのだ。

 

真我は、全体意識、宇宙意識で、生きとし生けるものすべてにつながっている意識である。

 

そこに矛盾はないのである。

 

大調和の世界なのである。

 

自分の考えを止めたときに、真我からの智慧が出てくる。

 

あらかじめ用意した答えではなく、真我の智慧は、その時に一番必要で的確な答えが出てくるのである。

 

最も安全で幸せな道であるのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170115212140j:plain

 

人間の考えで物事を行うと、不調和が現れてくるのだね。

 

それは、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いて、偽我の自分である個体をベースにして発想するからだね。

 

そのため、偽我の自分の中の基準(価値観、固定観念、先入観、思い込み、拘りなど)に囚われてしまっている。

 

不調和ではなく、調和の世界で生きるには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続けることだね。

 

そうすることで、囚われていた基準を外すことができ、より全体から物事を捉えることができるようになる。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

デジタルで意識次元が上がる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁104に、『意識次元が上がる形態として、デジタルで上がる形と、アナログで上がる形がある。

 

真我に目覚めた瞬間は、デジタルで上がる。

 

一瞬にしてスイッチが入り、ポーンと上昇するのだ。

 

愛と感謝の気持ちがあふれてきて、今までとは違う物の捉え方が訪れる。

 

これがデジタル的に上がる形態である。

 

そして、その一瞬で上がった意識次元を、更に上げていくのが、アナログの方法である。

 

真我に目覚めてから起こる出来事を認めて、さらに真我への確信を深めていくこと、瞑想をしたり、真我の心をすぐに言葉、行動に表すこと、「真我の実践」を唱えて自分の脳の考えではなく真我から出てくる発想をすること、などが、アナログ的に上がっていくことである。

 

真我に目覚めた瞬間の体験は、ただの精神の高揚ではない。

 

これを自覚しつづけることで、更に意識次元は上昇していくのである。

 

デジタルで上がって、アナログで継続するのである。』である。

 

f:id:tamago0141:20160619110114j:plain

 

真我に目覚めた瞬間は、一瞬にしてスイッチが入り、愛と感謝の気持ちがあふれてきて、今までとは違う物の捉え方が訪れるのだね。

 

意識が自分と言う個体に向いていたものが、全体に向きが切り替わると、一瞬にしてスイッチが入ったようになる。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分は、本当の自分ではなく、本当の自分は、誰もに内在していて、愛そのもののエネルギーで生かして頂いている究極の全体意識になる。

 

そこに、意識を向け続けることで、本当の自分(真我、満月、まんまる)に生かされていることに、気づくことができるね。

 

そのために、瞑想を行っていて、瞑想の中でも、アナログとデジタルの流れがあり、デジタルで一瞬にしてスイッチが入ったかのように、意識が深く入るね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

人との縁で人は変わる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁102に、『人は、場の力によって変化する。

 

子供は、両親の育てられ方や、入学した学校などという環境によって、経験するもの、体験するものが左右される。

 

その経験・体験が、後々の人生に影響してくる。

 

自分で自分を変えられない場合は、場を変えてみるという手がある。

 

引っ越しをしたり、職場を変えてみたり、あるいは病気の場合は療養環境を変えてみるのである。

 

そのことで、今まで感じていたストレスが軽減されたり、自分を導く人との出会いがあったりというチャンスも生まれてくる。

 

人は自分一人の考えだけではなかなか変われないものである。

 

いくら考えても、今までと同じ自分の考えが出てくるだけで結果を変えることはできない。

 

コップに入った水をいくらかきまわしても、透明なままだ。

 

しかし、そこに青いインクを一滴垂らすだけで、その水は青くなるのである。人との縁で、人は変わる。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170424180637j:plain

 

人は自分一人の考えだけでは、変わることは難しいね。

 

変わりたいと思うのは、自分を認めることが、できていないからかもしれない。

 

そのような人は、幸せになるために、頑張ることに一生懸命になっていたりする。

 

こんなに頑張っているのに、どうして上手くいかないのだろうかと、悩みや苦しみが生じてきたりして、自分を責めて、何とか自分を変えたいと思う。

 

これは、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていて、偽我の自分で生きているからになる。

 

だから、頑張れば頑張るほど、意識が自分、自分、自分に向いてしまい、個体意識からの発想になる。

 

もともと人は調和している存在で幸せなのだけれど、偽我の自分が、頑張らないといけないと思わせるのだね。

 

そこから抜け出すためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続けることだね。

 

そうすることで、頑張ってしまう自分をコントロールできるようになり、宇宙の法則に沿うことが、本当の生き方であることに気づくことができるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

命として一つと捉える

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁100に、『医療の世界では、疾患のある部位によって、専門の医師や科が分かれている。

 

しかし、体はつながっており、目も耳も肺も胃腸も、更には心も、体として一つ、命として一つなのである。

 

それを分離して、その部位だけで考えようとするのは、人間の考えにほかならない。

 

頭痛がするからと言って鎮痛剤を飲んでも、問題は別のところにあるかもしれないのだ。

 

つながっているとう自然の摂理からではなく、物としての分離から見ていては時間がかかるし、的外れのことをやってしまう可能性があるのだ。

 

目に見えない心についても、人間は投薬で治療をするということをやってしまう。

 

心の状態が現象として体に現れるという、原因と結果の法則から施していけば、打つ手は的確になり、病気は治療するのである。』とある。

 

 f:id:tamago0141:20170423214603j:plain

 

人間を物として分離から見ていては、的外れのことをやってしまう可能性があるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いている個体意識だと、物事を細分化して捉えることが正しいと思い込んでしまいがちだね。

 

そうではなくて、全体から捉えることが重要になる。

 

そのためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続ける。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

意識次元が上がるチャンス

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁98に、『今まで眠っていた遺伝子がオンになる時がある。

 

それは、日常とは違う衝動的な出来事が起きたり、追い込まれたり、窮地に立った時などに現れる場合が多い。

 

病気になった時、死の淵をさまよった時、事業に失敗した時など、一見悪いと思われる出来事が起こった時こそ、意識次元がポーンと上がるチャンスなのである。

 

例えば、病気になって周囲の人の温かさや愛がわかったとなったら、遺伝子がオンになって、あなたの中の深いところから愛と感謝があふれ出てくるという例は少なくない。

 

死の淵をさまようぐらいの体験をしたら、日常レベルでは気づかない気づき、すなわち遺伝子がオンになりやすい。

 

遺伝子オンとは、命を生きる、子孫を残す、というような、人間のもつ本来の働きのスイッチが入るということである。

 

そうなると、今までと見える景色がちがったり、自分に訪れている現象の意味が解釈できるようになるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20160625174650j:plain

 

一見悪いと思われる出来事が起こった時こそ、意識次元がポーンと上がるチャンスなのだね。

 

臨死体験をした人は、意識がとても変化してしまうと聞いたりするが、それは肉体に執着していたものが、臨死体験によって、肉体への執着が外れるからなのかと思う。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いているのであれば、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続け、肉体である個体への執着を外し、本当の自分(真我、満月、まんまる)に気づいていくことで、意識次元が上がるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

究極からスタートする

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁96に、『今までの悟りというのは、山登りに喩えるとことができる。

 

今自分のいる地点から、頂点を目指して登っていくのである。

 

その道のりには苦行や荒行があったり、また大変時間のかかる方法である。

 

さらには、一生かけても悟ることのできない場合が多い。

 

しかし、本当の悟りは、頂点から出発するのである。

 

真我という究極からスタートするのだ。

 

人間は等しく真我であるということは、最初から決まっている。

 

既に頂上にいるのだ。

 

既に悟っているのである。

 

だから、真我をあらゆることに表していけばよいだけなのである。

 

真我から出てくる心で仕事をし、家庭に向かい、お客様に接するのである。

 

もっと全体的になると、真我で教育をし、真我で医療をし、真我で政治をするのである。

 

もともと調和しているという答えに沿って行動していくのである。

 

すなわち、真我の実践である。

 

真我であると大前提からスタートをして、それを実践して、確認をしていく作業だ。

 

これは、前者と比較すると、山を下りていく作業になる。

 

真我の実践によって、ますます確信が深くなっていくのである。

 

また、答えから出発するのであるから、非常に楽で安全な道なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20160625125145j:plain

 

人間は等しく真我であり、既に悟っているのであり、もともと調和しているところから、スタートするのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いている個体意識で、このことを、どれだけ、どんなに、いくら頭で考えても、???になる。

 

このことは真理なのだけど、頭では理解できないのだと言うことを理解することが重要だね。

 

それでも、ますます???になるかもしれない。

 

頭で考えるのではなく、感じて、気づいていくことで、腑に落ちるものだと捉えるのが良いかもしれない。

 

そのためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続ける。

 

そのことで、心の曇りが薄れていき、本当の自分(真我、満月、まんまる)の完全・完璧な素晴らしさに気づいていけるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

YSブログ研究会