意識を進化させていく

ヨグマタ相川圭子著 宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」 頁156に、『普通には、人は魂に出会うことなく、歳をとります。

 

生まれて成長し、やがて寿命が来て亡くなっていきます。

 

無意識に体も心も動き続け、ストレスを蓄積させて、寿命を縮めていっています。

 

そうした無自覚の生き方から、自分は悟れる存在であり、自分の中に神が宿り、この体は神の社である、すべては神のはからいのもとに進んでいくのだと気づいてきます。

 

悟りへの道に出会うことで、意識を進化させ、自分は誰なのか、そして生きていくことの変化の流れに気づき、コントロールできる人になっていきます。

 

苦しみから解放され、自由になっていきます。

 

それは「永遠の人」になっていくことです。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛ってしまう。

 

視野が狭く、物事を偏って捉えてしまうので、何事にも上手くいかず、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側がエネルギーで満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

豊かな自分で在り続けることで、自然に視野が広がり、物事をより全体から捉えることができるようになっていく。

 

目の前の現象に振り回されることなく、どんどん自由に楽になっていくのだね。

 

悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

https://www.facebook.com/yogmataaikawakeiko/videos/vb.169451696443662/883688971686594/?type=2&theater

https://radiocloud.jp/archive/aikawa

https://www.youtube.com/watch?v=SjiO8yJXgIc

https://www.youtube.com/watch?v=M11-BrPZ2yo&t=177s

永遠の人を捜し求める

ヨグマタ相川圭子著 宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」 頁156に、『仏陀は言いました。

 

「目覚めなさい。汝の中に、永遠の人を捜し求めよ」と。

 

ここでもう少し「永遠の人」とはどういうことなのか、考えていきましょう。

 

それは「変化しない存在」のことです。

 

そこへ到達するのがサマディであり、それによって「永遠の人」と一体となります。

 

「永遠の人」とは、あなたをずっと見守っている存在です。

 

それは魂、アートマンです。真我、存在、ビーイングといいます。

 

さらには、至高なる存在、創造の源の存在、神、仏教的には、仏といい、さらに大きな仏を根本仏ともいいます。

 

悟れる魂は仏陀です。

 

シッダーマスターです。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛ってしまい、視野が狭く、物事を偏って捉えてしまい、何事にも上手くいかなくなる。

 

悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側がエネルギーで満ちてくる。

 

自分は自分で生きているのではなく、このエネルギーによって、宇宙に生かしていただいていると、思えてくると、自然に視野が広がり、物事をより全体から捉えることができるようになってくる。

 

何事にも上手くいくようになって、悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていけるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

https://www.facebook.com/yogmataaikawakeiko/videos/vb.169451696443662/883688971686594/?type=2&theater

https://radiocloud.jp/archive/aikawa

https://www.youtube.com/watch?v=SjiO8yJXgIc

https://www.youtube.com/watch?v=M11-BrPZ2yo&t=177s

真理を知り何をも恐れなくなる

ヨグマタ相川圭子著 宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」 頁155に、『サマディに達した人は、死ぬ時を選び、気づきながら、気高く死んでいくことができます。

 

それは単にこの世からあの世へのシフトです。

 

肉体の体を脱ぎ捨てて、「アストラル」という、心が住む霊体、「コーザル」という、魂が住む、さらに微細な霊体に移行します。

 

人が死を意識した時、「いかに生きるか」は、「いかに死ぬか」ということと同じであることがわかります。

 

死は恐れるものではなく、祝福するものです。

 

この世から肉体を捨てて、アストラルの体になって自由になります。

 

そう理解した時、何をも恐れなくなります。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛ってしまう。

 

視野が狭く、物事を偏って捉えてしまい、何事にも上手くいかず、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側がエネルギーで満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

豊かな自分で在り続けることで、目の前の現象に振り回されることなく、自然に視野が広がり、物事をより全体から捉えられるようになっていくのだね。

 

悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

https://www.facebook.com/yogmataaikawakeiko/videos/vb.169451696443662/883688971686594/?type=2&theater

https://radiocloud.jp/archive/aikawa

https://www.youtube.com/watch?v=SjiO8yJXgIc

https://www.youtube.com/watch?v=M11-BrPZ2yo&t=177s

愛には進化の段階がある

ヨグマタ相川圭子著 宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」 頁154に、『愛には進化の段階があります。

 

利己的な要望の愛から、思いやりの愛、そして祈りに進化させていきます。

 

まず、自分への愛から神への愛、「本当の自分」への愛へと進化させるのが第一です。

 

そうすることで、個をすぐに超えられ、しつこい欲望を落として、すべてがすみやかになります。それは「永遠の人」への愛なのです。

 

もし生前に「永遠の人」に出会うことなく、そのための教えに出会うことなく、寿命が尽きて死んでいくとしたら、それは最も不幸なことです。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛ってしまう。

 

視野が狭く、物事を偏って捉えてしまうので、何事にも上手くいかなく、悩みや苦しみ苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側がエネルギーで満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

自然に視野が広がり、物事をより全体かから捉えることができるようになって、目の前の現象に振り回されることなく、楽になっていく。悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていけるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

https://www.facebook.com/yogmataaikawakeiko/videos/vb.169451696443662/883688971686594/?type=2&theater

https://radiocloud.jp/archive/aikawa

https://www.youtube.com/watch?v=SjiO8yJXgIc

https://www.youtube.com/watch?v=M11-BrPZ2yo&t=177s

心のすべての働きを静める

ヨグマタ相川圭子著 宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」 頁153に、『自分を成長させる肯定的な欲であっても、「永遠の人」に還るには、障害になります。

 

心のすべての働きを静め、それを超えていかなければなりません。

 

心の働きをすべて死滅させていきます。

 

それは深い瞑想に入っていかなければやってきません。

 

さらに究極のサマディに没入するのです。

 

心の働きは、それを自覚するしないにかかわらず、過去生からずっと人の中でいつも働いています。

 

その連綿と続く心の働きは、内側への旅をしなければ、気づくことがありません。』とある。

 

自分は自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛ってしまう。

 

視野が狭く、物事を偏っと捉えてしまい、何事にも上手くいなく、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側がエネルギーで満ちてき、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

心は働かすほど、エネルギーを消耗させることを頭の理解を超えて、分かってくる。

 

自然にエネルギーを消耗しないような動きになって、どんどん周りと調和していくことで、何事に上手くいくようになっていくのだね。

 

悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

https://www.facebook.com/yogmataaikawakeiko/videos/vb.169451696443662/883688971686594/?type=2&theater

https://radiocloud.jp/archive/aikawa

https://www.youtube.com/watch?v=SjiO8yJXgIc

https://www.youtube.com/watch?v=M11-BrPZ2yo&t=177s

心と体を超えて静寂の中へ

ヨグマタ相川圭子著 宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」 頁149に、『これからは、競争するのではなく、すべてを神にゆだね、お任せし、サレンダーするのがコツになっていきます。

 

心が何も求めず、もうなんの働きもなく、ただ静寂にいる時、内側から神の力が満ち、自然にそのことが起きてきます。

 

心を超えて、体を超えて、その静寂の中に、「本当の自分」が現れるのです。

 

自然に、もともとあるもの、源の存在が現れて、それに気づき、悟りが起きてきます。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛ってしまう。

 

自分や相手を認めることができず、裁き続けることが止めることができず、エネルギーを消耗し、視野が狭く、物事を偏って捉えてしまう。

 

何事にも上手くいかず、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側がエネルギーで満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

豊かな自分で在り続けることで、自然に視野が広がり、物事をより全体から捉えることができるようになって、何事に上手くいくようになっていくのだね。

 

悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

https://www.facebook.com/yogmataaikawakeiko/videos/vb.169451696443662/883688971686594/?type=2&theater

https://radiocloud.jp/archive/aikawa

https://www.youtube.com/watch?v=SjiO8yJXgIc

https://www.youtube.com/watch?v=M11-BrPZ2yo&t=177s

晴れ渡る空のような静寂

ヨグマタ相川圭子著 宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」 頁147に、『本当の自分と一体になるということは、「勝ち取る」という表現にあたるものではなく、それは「還る」ことです。

 

本当の自分は、もともとの自分であり、そこにただはじめから存在しているのであり、そこに還るのです。

 

しかし、今までさまざまなエゴに騙されて、その言うことを聞いて翻弄されていたのです。

 

そのことに気づいて、エゴを相手にしたり、それに耳を傾けたりせず、エゴ自らを自滅させていきます。エゴは心を覆った曇りです。

 

その曇りはスーッと消えてその源に還っていき、そこにあたかも晴れ渡る空のような静寂がやってきます。

 

そして、今までそこにある存在、本当の自分がそこに現れるのです。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛ってしまう。

 

視野が狭く、物事を偏って捉えてしまうので、何事にも上手くいかず、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側がエネルギーで満ちてくる。

 

自然に視野が広がり、物事をより全体から捉えることができるようになって、何事にも上手くいくようになっていくのだね。

 

悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

https://www.facebook.com/yogmataaikawakeiko/videos/vb.169451696443662/883688971686594/?type=2&theater

https://radiocloud.jp/archive/aikawa

https://www.youtube.com/watch?v=SjiO8yJXgIc

https://www.youtube.com/watch?v=M11-BrPZ2yo&t=177s

YSブログ研究会