読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真我を開き続けるコツ

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁48に、『一度、真我を開いた人でも、日毎にさらに開き、継続的に良くなっていく人と、段々閉じてしまい元に戻っていしまう人がいる。

 

真我を開き続けるコツは、真我を実生活に活かし切ることである。

 

土で作ったダムに小さな穴を開けると、その穴から水が流れだし、どんどん穴は大きくなっていく。

 

さらに穴が大きくなって、大量の水が流れるようになれば、やがては、ダム自体がなくなってしまう。

 

真我も同様で、日々使っていれば徐々に開き続け、やがては、全身が真我そのものになっていくのである。

 

物理の法則は使えば減るが、生命の法則は使えば増えるのである。

 

良い悪いの判断をせず、どんどん実行していくことが真我を開く最大のコツだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170525190108j:plain

 

真我を開き続けるコツは、真我を実生活に活かし切ることなのだね。

 

常に「真我の実践」を唱え続けると良いね。

 

ひたすら唱え続ける。

 

ああなりたい、こうなりたいとかを願ったりせず、ひたすら唱え続ける。

 

ただ、ただ唱え続ける。

 

誰でもできることなのだけれども、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)が、その継続を邪魔をするので、偽我の自分に意識を向け続けずに、ひたすら唱え続ける。

 

簡単なことを誰もができないぐらい、やり続ける。

 

ただ、ただ唱え続ける。

 

そのプロセスで、どんどん意識が高まっていく。

 

唱えないと、心が揺れ動くことによる無駄なエネルギーの消耗があるけど、唱えることで、そのエネルギーの消耗が無くなり、どんどんエネルギーが高まっていくね。

 

ひたすら唱え続けることで、感覚の喜びでなく、永続的な本当の喜びの中で生きることができるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

 

教えで頭の中が一杯

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁46に、『心の世界を学ぶ人の中には、心をコントロールされてしまう人がいる。

 

マインドコントロールとは、一人の教祖的な人物から教えをもらい、その教えで頭の中をいっぱいにしてしまうことである。

 

そして、その考えしか頭に浮かばなくなってしまう状態である。

 

その結果、プログラム通りに動くロボットのようになってしまうのである。

 

これに対して真我とは、人から教わらなくてももともとある愛の心である。

 

あらゆる動物がもともと持っている宇宙の本能である。

 

親は子供を可愛がるのは、宇宙の本能なのである。

 

真我の心を出していくことと、マインドコントロールされることとは、全く正反対なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170524192342j:plain

 

教えで頭の中を一杯にしてしまうと、プログラム通りに動くロボットのようになってしまうのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いると、心に振り回され、その心をコントロールされてしまう。

 

ほとんどが妄想の中で生きていて、今に生きることができない。

 

過去の持ち越し苦労と未来への取り越し苦労の中で生きることになる。

 

では、どうしたら良いのだろうか?

 

誰もに内在する究極の全体、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続けることだね。

 

心が過去や未来に振れたら、今に戻す。

 

心が過去に行っていたら、自分を責めず、今に戻す。

 

心が未来に行っていたら、自分を責めず、今に戻す。

 

それを繰り返していくことで、心の振れ幅が小さくなっていき、心によるエネルギーの消耗が減り、どんどんエネルギーが高まっていく。

 

意識が高まり、気づきが増えていく。

 

今、この瞬間を喜び一杯で生きることができ、妄想の中から抜け出すことができるね。

 

今に生きることは、常に気分がとても良い状態であり、人生が素晴らしくなるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

 

総ての問題が解決する

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁44に、『過去の宗教も成功哲学も、ほとんどが潜在意識を開発するものだった。

 

何か一つの目標を実現するために、潜在意識を開発しようとしていた。

 

そのため、たとえ一つの目標を達成できても、その代わりに、健康や家庭や人間関係が崩壊してしまったというようなことが少なくない。

 

潜在意識の開発は目標を未来に置くため、それを達成するまでは成功できない。

 

しかし、宇宙意識に目覚めれば、一挙に総てのものが良くなるのだ。

 

宇宙意識とは愛そのものだから、仕事も健康も家庭も人間関係も、総ての問題が解決するのである。

 

宇宙意識は全体意識だから、こだわりがなくなるのだ。

 

そして、いつでも自分の中から喜びの光が湧き上がってくのだ。

 

宇宙意識を開発すれば、今この場で成功者なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170523211633j:plain

 

宇宙意識は全体意識だから、こだわりがなくなるのだね。

 

意識が自分(偽我)に向いていると、個体意識からの発想になり、それが行き過ぎると、不調和となって、悩みや苦しみのメッセージが来る。

 

そのメッセージを素直に受け取り、意識が自分(偽我)に向いていたものを、本当の自分に向ける。

 

気づいたら、自分を責めることなく、意識を本当の自分に向ける。

 

このような繰り返しで、意識が本当の自分に向いている割合が多くなり、そのことでエネルギーが高まり、気づいも多くなってくるね。

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続ける。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

みんなつながっている

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁42に、『森の木の一本一本は、バラバラに立っているように見えるが、根を支えている土壌は同じである。

 

根を支え、根に栄養分を与えている土壌が瘦せてしまうと、木は枯れてしまう。

 

一本だけでなく、同じ土壌が支えている木々はみな同時に枯れてしまうのだ。

 

木々は同じ土壌に支えられ、同じ土壌でつながっているからだ。

 

木と土の関係と同様、あなたのまわりの人に起きる問題は、その人だけの問題ではないのだ。

 

あなたとあなたのまわりの人たちとは、深いところでみんなつながっているのだ。

 

だから、まわりの人に起きる問題は、あなたの問題でもあるのだ。

 

身近な人に問題が起こったら、まず自分の問題でもあると受け止めることだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170522195148j:plain

 

あなたとあなたのまわりの人たちとは、深いところでみんなつながっているのだね。

 

5感の認識が全てであると思い込んでいると、そのように思えないかもしれないけど、つながっていると捉えることで上手くいく。

 

それが真理だからだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)からの思いや考え、想念が止まった時に、宇宙のパワーが働くのだね。

 

何故なら、つながっているからであり、個体意識からの発想が止まった時に、全体意識からの発想が出てくるのだね。

 

例えば、仕事などの会議で、想念が止まった時には、いろいろ発言していたりする。

 

個体意識からの発想だと、発言するのにためらったりするけど、全体意識からの発想になっていると、自然に発言していたりして、その内容に自分で驚いたりする。

 

自分の発言が、自分のものでは無い感じがしたりする。

 

宇宙のパワーを引き出すためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続ける。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

より広く物事を捉える

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁40に、『意識次元を上げると、視野が変わる。

 

今までよりも、より広く物事を捉えることができるのである。

 

地面に立って見ると、自分の町だけしか見えないが、少し小高い丘の上に立って見ると、隣の町ともつながっていることがわかる。

 

自分の町も隣の町も一体になり、全部、自分の町に見えるかもしれない。

 

人間関係においても同じである。

 

意識次元を上げることによって、相手を受け入れる心になれるのである。

 

そして、やがては、お互いが一つであることに気づくことができるのである。

 

意識次元を上げることによって、自分から家族へ、家族から町へ、町から国へ、国から世界へと視野は広がる。

 

そして、地球には国境などなく、地球は一つなんだと気づくことができるのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170521100313j:plain

 

意識次元を上げると、視野が変わるのだね。

 

目の前の現象が、良いことばかりであることが、良いとも思えなくなるね。

 

その良いとは、自分の中の基準からして、良いだけのことであるからね。

 

全てが素晴らしくしか捉えらえないと言い切ってしまうのも、どうなのだろうかと思う。

 

ある意味、自分の中の基準で良いとして、物事を固定化して捉えているだけになってしまうからね。

 

頑張っているプラス思考と言えるかもしれない。

 

自分は素晴らしく変わったと、思い込みたいだけなのかもしれないしね。

 

全てが満月としか見えない自分を演じるのではなく、本当の自分に気づいていことが重要だね。

 

目の前の現象は、全ては心の現れであって、全てが学びであると捉えることが、本当の自分に気づいていくことができると言えるね。

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続ける。

 

本当の自分に気づいていくことが、人生の目的そのものだね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

パワースポット、イヤシロチ

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁38に、『予言者が、なぜ人の未来を当てることができるのか。

 

それは、その人の心を見れば、未来がわかるからだ。「三つ子の魂百までの」と言われるように、人の心はなかなか変わらない。

 

この人のこの心のままだったら、会社を興しても倒産させるだろうとか、ガンになってしまうだろうというのは、最初から決まっているのだ。

 

人類も、今のまま行けば、滅亡の方に向かっている。

 

未来を変えるには、意識次元を上げる以外にはないのだ。

 

意識次元が変われば、その瞬間に未来も変わるのである。

 

意識次元が変われば、心が変わり、人相が変わり、手相までもが変わる。

 

そして、総ての運命がかわるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170521072917j:plain

 

意識次元が変われば、その瞬間に未来も変わるのだね。

 

意識次元が高まると、エネルギーが高まり、宇宙に生かされていることに気づける。

 

エネルギーを高めるには、エネルギーが高いパワースポット、イヤシロチに行くと良く、そこに行くと気づきが生じるね。

 

昨日は、そのエネルギーが高い場所に行ってきた。

 

Cafe しふぉんケーキ いちづ | 大地で生き抜いた木々達の波動で育て作られた、絹肌の「森しふぉんケーキ」のお店

 

お店の方に、長年、エネルギーの流れが滞っていた左足をマッサージして頂いたら、その違和感が解消された。

 

自分の手当では治らなかったけど、自分だけでは自分を変えられないことに気づけたね。

 

自分のエネルギーも使わさせて頂いたけど、エネルギーは使えば使うほど増えることに気づけた。

 

常に、手のひら、足の裏、頭の中、胸におけるエネルギーの流れを感じながら生活しているけど、昨日は帰宅してから、手のひらが痛かったし、今も痛い感じがする。

 

エネルギーの流れが増すと、痛い感じになってるのだね。

 

やはり、生命のパワーは、使えば使うほど増すものであることに気づけた。

 

2015年12月の自分にとっての大きな気づきに関して、昨日は再確認できた。

 

それは、真我を開発することは、「手段」でなく「目的」そのものであることになる。

 

フィルムとスクリーンの話で言えば、良いスクリーンにするために真我を開発するのが、「手段」として捉えていることになり、そうではなく、フィルムを良くすることで、その結果として、スクリーンが変わると言うものが、「目的」そのものと捉えることになる。

 

私は20年間、「手段」と捉えていて、「目的」そのものだと気づくことができてから、エネルギーが増して、常に体感が続いている状態になった。

 

この「手段」でなく「目的」そのものであるこのとの捉え方の差が、とてつもなく大きい。

 

フィルムとスクリーンの話で言えば、フィルムが先で、スクリーンは後なのだけれど、どうしてもスクリーンが先で、フィルムを後にしてしまうのだね。

 

何故、そうなるのかは、この現実世界を実相と捉えているからになる。

 

この現実世界を、本当に、超高性能な仮想現実(VR)と思えれば、フィルムを先にできるかもしれないね。

 

そのためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続けることだね。

 

くどくなるけど、〇〇〇のために、真我に意識を向けるのではなく、真我に意識を向けることで、その結果として現象面が変わり、どのように変わるか分からないと言うことになる。

 

どのように変わっても、それを素晴らしく受け入れることができる自分になっているので、どのように変わっても良いのだね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

天から与えられた役割や才能

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁36に、『チューリップの種は、最初からチューリップに咲くと決まっている。人もまず因(たね)を知ることが大切なのである。

 

それは、本当の自分とは何かを知ることである。

 

人には、天から与えられた役割や才能がある。

 

全員が天才なのである。

 

しかし、チューリップも、土や太陽、水や肥料に恵まれないと、花を咲かせることはできない。

 

それと同じく、人も縁に恵まれないと、その才能は実を結ばないのだ。

 

どういう人と出会うかによって、目が出るか否かは決まってしまうのだ。

 

縁に恵まれるためには、徹底的に本当の自分を知り、魂に磨きをかけることだ。

 

そして、自分の才能を生かしてくれそうな人に、どんなことをしてでも会うことだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170520064228j:plain

 

人には、天から与えられた役割や才能があるのだね。自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、その役割や才能に気づけない。

 

外側からインプットされたものをベースにして発想してしまうから、その役割や才能を活かすことができずズレた生き方をしてしまことになるね。

 

まずは、本当の自分とは何かを知ることなのだね。

 

そのためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続ける。

 

そうすることで、天から与えられた役割や才能に気づくことができる。

 

それに沿って生きることは、花が咲くように、とても自然で、用意されていたかのように道が開けていくものなのだね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

YSブログ研究会