自らが愛そのものになる

心の学校 の佐藤学長「図解 神のメッセージ」の頁12『人生には、二つの道がある。

 

一つはエゴの道、もう一つは真我の道である。

 

エゴの道とは、自我を出し、自我の満足のため、自分を守るために動く道である。

 

エゴの道を歩むと、人間関係に苦しみ、病気になり、不調和を生む。

 

エゴの道を突き進むと、その先は崖である。

 

真我の道とは、自らが愛そのものになり、愛で生きる道である。

 

真我の道を歩むと、人間関係も仕事もスムーズに進み、健康になり、調和を生む。

 

真我の道は、黄金の道である。

 

人はエゴの道か真我の道のいずれかを必ず歩んでいるのである。

 

あるいは、どちらも歩まず、分岐点で迷って立ち往生しているのである。

 

両方の道を同時に歩むことはできないのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170506084136j:plain

 

人はエゴの道か真我の道のいずれかを必ず歩んでいるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、自我の満足のために動くことになる。

 

どうしても、エゴの道を歩むことになり、悩みや苦しみが多く、不調和な生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

波動が高まり、豊かな自分に気づことができると、今、この瞬間、満足しているので、自我を満足させるような発想には絶対にならなくなる。

 

必然的に、真我の道を歩むことができるようになるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

自分の考えや価値観が消える

心の学校 の佐藤学長「図解 神のメッセージ3」の頁126『真理の受け止め方の五つ目は、真理を引き出したときに、自分の価値観が消えるパターンである。

 

これが、真理の正しい受け止め方である。

 

真理は、みな等しく真我であるということである。

 

真我は、究極の愛、喜び、宇宙の心である。

 

そこには矛盾などないのであるが、私たちの業やカルマがフィルターとなって物事が歪んで見えるのである。

 

学びも真理ではない。

 

宇宙をいくら学んでも、それは知識の宇宙であって、真の宇宙ではない。

 

頭で考えても真理は絶対にわからないのである。

 

しかし、真我が出てきたときに価値観は消える。

 

真我は脳で考えて出せるものではない。

 

真我の実践をしたときに、自分の考えや価値観が消えるのである。

 

そうなったときに、初めて、真理で生きていると言えるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20171017203125j:plain

 

真我は、究極の愛、喜び、宇宙の心であるが、業やカルマがフィルターとなって物事が歪んで見えるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、そのフィルターが厚くなってしまう。

 

ますます物事が歪んで捉えてしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることだね。

 

葦原瑞穂(著)黎明 下巻 頁149『・・・人の進化にとっての最短距離は、自分の周囲に起こっている出来事のひとつひとつをきちんとやっていくことに在るのであって、他に何か特別なものを探したからといって、近道ができるわけではないのです。

 

きちんとやるというのは、ひとつひとつの表現を心をこめて丁寧に、しかも確実に為していくと言うことで、別の言い方をすれば、心に想い、言葉によって語り、身体を以て行うことの一切が神の愛の表現に成っているという意味になります。

 

普遍意識は完全なる調和で在る神の愛そのものですから、愛の表現は普遍意識の展開に成るわけです。』とある。

 

真我の実践に関して、カルマ・ヨガの場合には、 自分の周囲に起こっている出来事をきちんとやることになるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

【新版】黎明 下巻

真理はノウハウでも手段でもない

心の学校 の佐藤学長「図解 神のメッセージ3」の頁124『真理の受け止め方の四つ目は、真理という知識の中に自分の価値観を入れてしまうパターンである。

 

真理を言葉や知識として学んで、自分なりの真理という価値観を基調とした上で、他の良いと思われる知識や考え方を、都合よく混在していくのである。

 

真理は、知識の入力、いわゆるインプットではなく、自分の中からのアウトプツトであるから、真理を頭で学ぶことはできない。

 

真理は、ノウハウでも、何かの手段でもない。

 

にもかかわらず、真理を一つの考え方として捉え、他にもよさそうなものがあれば、それも取り入れていくのである。

 

一見、真理を語っているように見えて、実は、頭の世界だけの話なのである。

 

学びの世界と同様、知識の中にない出来事に遭遇した場合には、対応ができない。』とある。

 

f:id:tamago0141:20171017203002j:plain

 

真理は、知識の入力、いわゆるインプットではなく、自分の中からのアウトプットであるから、真理を頭で学ぶことはできないのだね。

 

例えば、何を「批判」していたとすると、どうして「批判」しているのかを自問自答してみると、インプットされた何かに囚われていることに気づく。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、その「批判」が無くならない。

 

自分や相手を裁き続けることで、エネルギーを消耗してしまうので、もともと豊かな自分に気づけないね。

 

そうならないためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

「批判」が無くなることで、エネルギーの消耗が無くなり、エネルギーが満ちてくる。もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

その豊かな自分を認めることで、どんどん豊かな自分が顕れて、常に豊かな自分で在り続けるできる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

知識の真理は真理ではない

心の学校 の佐藤学長「図解 神のメッセージ3」の頁122『真理の受け止め方の三つ目は、自分の知識の中に真理という知識を入れてしまうパターンである。

 

真理という知識が増えたのである。

 

自分の考えや知識のバリエーションの中に、真理を、ひとつの考え方として置いてしまうのだ。

 

「人間はみな真我である」、「真我とは究極の愛そのものである」ということを、自分の知識のひとつとして入れてしまう、いわゆる、学びとしてしまうのである。

 

人の脳で捉えた、知識としての「究極の愛」であるから、当然、これは真理とは違うものである。

 

100人いたら、100人の「究極の愛」があることになる。

 

真理は、誰にとっても、何にとっても、普遍のものであるから、知識の真理は真理ではない。

 

f:id:tamago0141:20171017202837j:plain

 

「人間はみな真我である」、「真我とは究極の愛そのものである」ということを、自分の知識のひとつとして入れてしまう学びは、真理ではないのだね。

 

「人間はみな真我である」と言うことを知識として捉えてしまうと、その状態で意識は高まらず留まってしまう。

 

真理とは、頭で理解して分かったとか、分からないというものではなく、そうとしか思えなくなるまで、意識を高め続けていくものなのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、肉体と言う限定された枠に意識を閉じ込め、そこからの限定された発想することになる。

 

これが個体意識であり、この枠を外していくことで、意識を高めていく。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

そうすることで、今まで価値があると思い込んでいたものが外れていくと、今まで何のために頑張っていたのかと、空しくなったりしても、さらに真我の自分に意識を向け続けることで、豊かな自分に気づいていく。

 

常に豊かな自分で在り続けることで、今、この瞬間が喜びで溢れることになる。

 

人生が素晴らしくなっていくね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

真理を価値観と並列に置く

心の学校 の佐藤学長「図解 神のメッセージ3」の頁120『真理の受け止め方の二つ目は、真理という知識を、自分の価値観と並列に置くパターンである。

 

価値観は価値観、真理は真理という知識で分離をするパターンである。

 

真我であるという真理は、頭で理解できるものではなく、また知識でもない。

 

万人に平等の宇宙の法則である。

 

宇宙の法則の上に生かされている私たちに、脳があり、その中に価値観や考えがある。

 

もともと、比較できるレベルにないものなのである。

 

しかしながら、人間は、まず頭で受け入れてしまうので、真理も一つの知識、考え方として捉えてしまう。

 

真理を一つの価値観として、そのような価値観もあるのだと、自分の価値観と並べて置いてしまうのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20171016194222j:plain

 

宇宙の法則の上に生かされている私たちに、脳があり、その中に価値観や考えがあるのだね。

 

真理は脳を超えて肉体を通して感じ取っていく。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

真我に意識を向け続けることで真我が顕れて、そこを認めていくことで、常に豊かな自分で在り続けることができるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

真理は頭ではわからない世界

心の学校 の佐藤学長「図解 神のメッセージ3」の頁118『私たちは間違いなく宇宙意識、真我の存在であるというのが真理である。

 

私たちは物事をまず頭で受け止めるが、この真理の受け止めたかにはいくつかパターンがある。

 

一つ目は、聞いても撥ね返してしまうというパターンである。

 

これは、自分の中にある考え以外、受け付けないという反応である。

 

自分の頭の中にあるのは、今まで見たり聞いたりしてきた価値観や、学んできた知識である。

 

そこに、真理を伝えても、受け入れられないのである。

 

真我であるという真理は、頭ではわからない世界である。

 

慣れ親しんでいる私たちの脳で考える世界では、一見、理解できないと思われる側面もある。

 

脳で「知る」という認識の世界では、知らないものは受け入れられないという性質がある。

 

脳で考えた、脳で覚えた世界が重要なので、異質なものは拒んでしまうのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20171015182459j:plain

 

真我であるという真理は、頭ではわからない世界なのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、変化するものに惑わされ、変化するものの中に価値を見出そうとする。

 

相対的な世界で変化を追い求め続けても、それは尽きないね。

 

相対的な変化し続ける世界において、絶対的な変化しないものを見出すことで、揺るぎない自信が湧いてくる。

 

そのためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

脳で考えるのではなく、自分の肉体を通して感じて、絶対的な変わらないものに気づいていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

 

 

すべては認めたものが現れる世界

心の学校 の佐藤学長「図解 神のメッセージ3」の頁116『物事の捉え方は、その人の捉え方である。


この人は良い人、この人は悪い人と捉えているのは、その個人の捉え方に過ぎない。


善い悪いは、その人の心が反映するものであるから、固定的な実態はないのだ。


認めたものが現れるという、心の仕組みがあるだけなのである。


この人は良い人と認めると、その人は良い人になる。


この人は悪い人と捉えたら、その人は悪い人になるのである。


良い人と認めたら、その人の良い部分をどんどん発見することになる。


その発見が、更に、その人は良い人だという確信につながる。


このように、すべては、自分が認めたものが現れる世界なのだ。


心は非常に便利なものなのである。』とある。


f:id:tamago0141:20171015065425j:plain


葦原瑞穂(著)黎明 下巻 頁203『意識は現象に向ければ、それが現実のように感じられる幻想を造り出しますし(これが私達の多くにとっての日常の意識状態であるわけです)、実相に向ければ真実が自覚されるので、・・・』とある。


すべては、自分が認めたものが現れる世界で、意識が現象に向いていると、現実のように感じられる幻想を造り出しているのだね。


自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、真実を自覚していく。


悩みや苦しみが生じるのは、偽我の自分だからであり、自分や相手の欠点が見えるのも、偽我の自分だからになる。


真我の自分であれば、大調和の中に在り続けることができるだね。


今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)

 

図解 神のメッセージ3

【新版】黎明 下巻


YSブログ研究会