常に空っぽな心:頁130〜132

ヨグマタ相川圭子著 宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」頁130〜132に、『常に空っぽな心、純粋な心で接していく必要があります。

 

相手が何を言っているのかをすぐに理解し、前に進みます。真理の道では特に、思い込みをはずし、素直になっていくことが大切です。

 

言葉を超えた世界に「本当の自分」があります。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットしたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というものによって、無意識に自分で自分を縛ってしまい、視野が狭く、物事を偏って捉えてしまう。

 

一瞬、一瞬の判断が適切でなく、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなってくると、自分の内側がエネルギーで満ちてくる。

 

自然に視野が広がり、物事をより全体から捉えることができるようになって、悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されのだね。

 

常に空っぽな心で、軽やかに生きることができるようになっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」 今を生きるための、ヨガと仏陀とキリストの教え

https://www.facebook.com/yogmataaikawakeiko/videos/vb.169451696443662/883688971686594/?type=2&theater

https://radiocloud.jp/archive/aikawa

https://www.youtube.com/watch?v=SjiO8yJXgIc

真理に出会うとは?:頁128〜130

ヨグマタ相川圭子著 宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」頁128〜130に、『エゴの心を持って聞いていると、言葉の表面にとらわれ、心を働かせてしまいます。

 

感覚の心地よさに執着して、真理とは違う表面的なものにとらわれています。

 

それでは、真理に出会うことができません。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、目の前の現象に振り回されて、心を働かせてしまい、エネルギーを消耗し続ける。

 

そのため、視野が狭く、物事を偏って捉えてしまい、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなることで、自分の内側からエネルギーが満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

豊かな自分で在り続けることで、自然に視野が広がり、物事をより全体から捉えることができるようになって、一瞬、一瞬の判断が適切となっていく。

 

悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていけるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」 今を生きるための、ヨガと仏陀とキリストの教え

https://www.facebook.com/yogmataaikawakeiko/videos/vb.169451696443662/883688971686594/?type=2&theater

https://radiocloud.jp/archive/aikawa

バランスがとれてくる:頁127〜128

ヨグマタ相川圭子著 宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」頁127〜128に、『自分はいったい誰であるのかを見つめ、「本当の自分」に還る、真理を知る悟りの修行をすると、家族、子どもや財産、お金などと、どう向き合っていっていいかが自然にわかり、バランスがとれてきます。

 

そして意識が本当に変わって、「本当の自分」に還ったとき、すべての執着がはずれて、子や財を持つことでいかにこだわり、とらわれ、愚かにも悩んでいたかがわかります。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、良いと思って集めたものに囚われてしまって、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛ってしまい、視野が狭く、物事を偏って捉えてしまう。

 

一瞬、一瞬の判断が適切でなく、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならにためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側がエネルギーで満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

豊かな自分で在り続けることで、自然に視野が広がり、物事をより全体から捉えることができるようになって、一瞬、一瞬の判断が適切になっていく。

 

悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていけるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」 今を生きるための、ヨガと仏陀とキリストの教え

https://www.facebook.com/yogmataaikawakeiko/videos/vb.169451696443662/883688971686594/?type=2&theater

https://radiocloud.jp/archive/aikawa

自己は至高なる存在:頁125〜127

ヨグマタ相川圭子著 宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」頁125〜127に、『仏陀の「自己は自分のものではない」という言葉は、「魂はものという、所有されたり変化したりする、物質的なものではない」ということです。

 

つまり、魂はもちろん自分が所有するものではなく、「この自己は至高なる存在、つまり、神の分身であり、自分のものではない」、そうおっしゃっているのです。

 

そして、その至高なる存在は、時間と空間を超え、今にある存在です。

 

何もないが、すべてが含まれ、どこにでも偏在する存在です。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、自分は自分で生きているとの思いが強く、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われてしまう。

 

「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分で自分を縛って、視野が狭く、物事を偏って捉えてしまう。

 

一瞬、一瞬の判断が適切でなく、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

この混乱は心の中が澄んでくることで気づくもので、まだ混乱している状態だと、その混乱に気づくことができない。

 

エネルギーの消耗が無くなってくると、自分の内側がエネルギーで満ちてきて、このエネルギーで自分は宇宙に生かしていただいている存在だと思えてくる。

 

自然に視野が広がり、物事をより全体から捉えることができるようになって、一瞬、一瞬の判断が適切となり、悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていけるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」 今を生きるための、ヨガと仏陀とキリストの教え

https://www.facebook.com/yogmataaikawakeiko/videos/vb.169451696443662/883688971686594/?type=2&theater

https://radiocloud.jp/archive/aikawa

内側の気づきが深まる:頁123〜125

ヨグマタ相川圭子著 宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」頁123〜125に、『マスターとのつながりは、常にあなたを苦しみから引き上げてくれます。

 

内側の気づきが深まり、心のこだわりなどネルギーを消耗するようなものはどんどん削ぎ落されて、楽になっていきます。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というもので、自分を自分で縛ってしまい、視野が狭く、物事を偏って捉えてしまう。

 

常に変化している無常なものに対して、固定化した考えで対応するため、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなることで、自分の内側からエネルギーが満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

豊かな自分で在り続けることで、目の前の現象に振り回されることなく、自然に視野が広がり、物事をより全体から捉えることができるようになっていく。

 

悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていけるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」 今を生きるための、ヨガと仏陀とキリストの教え

https://www.facebook.com/yogmataaikawakeiko/videos/vb.169451696443662/883688971686594/?type=2&theater

https://radiocloud.jp/archive/aikawa

すべてを知っていく:頁121〜123

ヨグマタ相川圭子著 宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」頁121〜123に、『ですから、「ただものを情報として知っているのみで、自分を自ら賢者だと思う者は、愚か者であり、もっと見えない部分の源の存在になって、つまり真理になって、すべてを知っていく本当の成長があるのですよ」と仏陀は説かれたのです。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、部分を見てすべてだと思い込んでしまうので、目の前の現象に振り回されることになる。

 

視野が狭く、物事を偏って捉えてしまい、一瞬、一瞬の判断が適切でなく、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が空っぽになっていく。

 

エネルギーの消耗が無くなると、自分の内側からエネルギーが満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

豊かな自分で在り続けることで、目の前の現象に振り回されることなく、悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていけるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」 今を生きるための、ヨガと仏陀とキリストの教え

https://www.facebook.com/yogmataaikawakeiko/videos/vb.169451696443662/883688971686594/?type=2&theater

https://radiocloud.jp/archive/aikawa

本当の安らぎを得る:頁119〜121

ヨグマタ相川圭子著 宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」頁119〜121に、『常に、病気になるのではないか、食べられないのではないか、お金があるかと、不安で、心を疲弊させ、苦しみばかりです。

 

平和がないのです。

 

外側から与えられる癒しはいろいろありますが、本質の安らぎではありません。

 

本当の安らぎは、自分の中で気づきを深め、生命力を高め、バランスをとっていくことで得られます。

 

そして、本当の生きる目的は、本当の自分に還る、真理を知ることです。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に向いていると、心の中が混乱していても、その混乱に気づかず、欲望によって、さらにその混乱を酷くしてしまう。

 

エネルギーを消耗し続け、視野が狭く、物事を偏って捉えてしまい、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

自分の内側がエネルギーで満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

豊かな自分で在り続けることで、目の前の現象に振り回されることなく、自然に視野が広がり、物事をより全体から捉えることができるようになっていく。

 

悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」 今を生きるための、ヨガと仏陀とキリストの教え

https://www.facebook.com/yogmataaikawakeiko/videos/vb.169451696443662/883688971686594/?type=2&theater

https://radiocloud.jp/archive/aikawa

YSブログ研究会