固定観念や思い込みを捨て切る

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁78『個体意識とは、学習して、後天的に身につけた意識のことを言う。

 

人が「自分の考え」という時の意識は、ほとんどが個体意識である。

 

全体意識とは、もともとある意識であり、真我、神、宇宙意識とも言う。

 

自分自身の考え方が完璧になくなった時に、全体意識になるのである。

 

個体意識は、ちょうど、ガラス玉に自分の空気をいれている状態である。

 

しかし、ガラス玉は、他のガラス玉とぶつかると割れてしまう。

 

そして、割れた時初めて、全体の空気と同化する。

 

それが、死んで生まれ変わることでもある。

 

しかし、ガラス玉を自ら割って、全体の空気と調和することもできる。

 

それが、生きているうちに生まれ変わるということだ。

 

固定観念や思い込みを総て捨て切ったときから、無限の人生が始まるのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170609201236j:plain

 

固定観念や思い込みを総て捨て切ったときから、無限の人生が始まるのだね。

 

ラムサ(著) 松野健一(訳) ラムサ ホワイトブック 改訂版 頁348~349『・・・あなたがどう考え、どう語るかが、自分が知ることができる量を決めるのだ。

 

「もっと知りたいと思う」と言ってはならない。

 

それではけっして知ることができないからだ。

 

そして、「もっと知ろうとする」もだめだ。しようとするとすることで達成されたものは、ひとつもないからだ。

 

「もっと知ることを探求する」でもだめだ。

 

探し求めても、けっして見つからないからだ。

 

こう言いなさい。

 

「私の存在の主と神から、私は今、この瞬間に知るべきことをすべて知っている。ソービーイット!」と。

 

そして、答えを待つのだ。

 

その時点で、自分が知りたいのかに気づいているいないにかかわらず、「私は知っている」という言葉は、その気づきが起こる扉を開いてくれるのだ。

 

あなたが言うべきことは、それだけだ。そうすれば、知識がやって来るのである。』とある。

 

「私は知っている」として、答えを待つことで、答えがやって来るのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、そのようなことは、分からないとか、疑いの思いが湧き上がってきて、偽我の自分が邪魔をする。

 

偽我の自分のフィルターによって、その答えを脳で受信できないようにしている。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

ラムサ ホワイトブック 改訂版

 

 

目先でなく人生全体で捉える

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁76『真我を開いた後、良いと思われることも、悪いと思われることも起こるかもしれない。

 

良くなれば喜び、悪くなると落ち込んだりするが、そういう目先の出来事で捉える生き方は、そろそろ卒業するべきだ。

 

良い時と悪い時が繰り返して人生には訪れてくるのだが、全体像を見れば、確実に上に上がっているのである。

 

あなたが真我を開いていけば、昔の絶頂期よりも、今の落ち込んだ時の方が高い可能性があるのだ。

 

だから、目先の良い悪いではなく、人生全体で捉えることだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170608190746j:plain

 

目先の良い悪いではなく、人生全体で捉えることだね。

 

ラムサ(著) 松野健一(訳) ラムサ ホワイトブック 改訂版 頁349~350『・・・いま存在すものであれ、これから存在するものであれ、それらすべてを知る能力をあなたは持っている。

 

あなたをその知識へと開いてくれる扉は、単に「知っている」と言うことだ。

 

すると、すぐにそれが実現するのである。数秒後かもしれないし、何日もかかるかもしれないが、それはやって来る。

 

なぜなら、「知っている」という言葉は絶対であり、あなたの望みを「絶対のもの」へと変えるからである。

 

「知っている」という思考が魂の中で感じられると、それはあなたの存在の内面で実現され、脳下垂体を開く。

 

それによって、さらに偉大な思考を受け入れることが可能になるのだ。

 

「知っている」という言葉は、無限の流れの中にいるあなたの中に、思考の河が流れ込んでくるのを許す扉なのである。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、その扉が使えないのは、分からないとか、疑いの思いが湧か上がってしまうからになる。

 

本当の自分(真我)は全知全能だから、総てを「知っている」と言うことに対して、一点の曇りもなく、単に「知っている」と言う状態になることで、受信機である脳が、偉大な思考を受け入れることができるのだね。

 

素直に、「知っている」として、ただ待ってっていれば、それが実現する。

 

シンプルなのだけれど、それを妨げているのが、偽我の自分なのだね。

 

だから、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

ラムサ ホワイトブック 改訂版

自然と動かされるようになる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁74『意識の低いというのは、いつも人間関係でトラブルを起こしている。

 

意識の高い人というのは、人とぶつからなくなり、人を愛することができる。

 

さらに意識が高くなると、愛という言葉もいらなくなり、みんなと一つになり、いつも喜びで生きられ、がんばらなくても、自然と動かされるようになる。

 

飛行機で言うなら、意識の低い人は低空飛行で、家やビルにぶつかってしまう。

 

少し高く飛べると、何にもぶつからなくなる。

 

さらにもっと高く飛んで、大気圏を抜けると、エンジンもいらなくなる。

 

これはまさに一つの世界で、生きていながら天国に行けるのだ。

 

こだっわっている思いやカルマがあると、重くて低空飛行になる。

 

上昇していくコツは、こだわりや思いをなくして、比重を軽くすることなのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170607181910j:plain

 

意識が高くなると、愛という言葉もいらなくなり、みんなと一つになり、いつも喜びで生きられ、がんばらなくても、自然と動かされるようになるのだね。

 

気分が重いのは、意識が低くなっていることであり、粗い波動の影響を受けている。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、意識は低いままで留まってしまう。

 

こだわりや思いをなくしていくには、偽我の自分を捨て去っていく。

 

そのように潔く捨て去ることで、意識は高まっていく。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

やり続けることで、波動が高まり、気分がどんどん軽くなって、軽やかに生きることができる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

何が一番大切なのかを忘れない

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁72『人生において、何が一番大切なのだろうか。

 

あなたは「一億円あげるから、死んでください」と言われて、死ねるだろうか。

 

人は、一番大事なものを忘れ、大変愚かなことをしているのだ。

 

大切な肉親を裏切ったり、憎しみ合ったり、戦争をしたり、自らの寿命を縮めたりしてるのだ。

 

最も大切なものを忘れてしまっている。

 

神から預かった命を一番にするのか、人の作ったお金やモノを一番にするのか。

 

あなたの乗っている船が、今まさに沈もうとしていたら、あなたは目の前にある金の延べ棒を掴むだろうか、それとも丸太棒をつかむだろうか。

 

丸太棒は、あなたの命を救うことができる。

 

あなたの周囲にも、丸太棒のようにあなたを救う大切なものがあるのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170606212049j:plain

 

人は、一番大事なものを忘れ、大変愚かなことをしているのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていて、そこでの欲望が叶えられることが幸せだと思い込んでしまって、その欲望を追求し続ける。

 

その欲望が生じていること自体がズレているのだけど、そのことに気づくことができない。

 

どんどん不調和になっていき、悩みや苦しみが絶えず、病気になってしまうのだね。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのでなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

心の中の想念や妄想が静まって、心の中が澄み切ってくると、自分の内側がエネルギーで満ちてくる。

 

豊かな自分に気づき、常に豊かな自分で在り続けることで、人生は素晴らしくなっていくのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

 

暗闇が一瞬の内に明かりに変わる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁70『ここに、一億年前からの暗闇があったとする。

 

また、こちらに昨日からの暗闇があったとする。

 

同時に上から光を当てたら、どうなるだろうか。

 

両方とも、一瞬の内に明るくなるはずだ。

 

暗闇は業(カルマ)であり、光は神の愛である。

 

たとえ、あなたが先祖代々からの業や前世からの業を背負っていたとしても、神という光の前では、一瞬の内に明かりに変わってしまうのだ。

 

あなたが神の愛を自覚した瞬間、総ての業は消えてなくなるのである。

 

どれだけ深い業を抱えていたとしても、神の光はあなたの業を消してしまうのだ。神は全知全能なのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170605195418j:plain

 

先祖代々からの業や前世からの業を背負っていたとしても、神という光の前では、一瞬の内に明かりに変わってしまうのだね。

 

偽我で偽我は変えられないのに、それをやり続けてしまうことで、ますます不調和となってしまう。

 

偽我の欲望を最優先にして、仮にその欲望が叶えられても、バランスを崩しているので、その後に酷いことになってしまう。

 

そうならないためには、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのでなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

心の中の想念や妄想を強めるのではなく、それらを静めることで、心の中を空っぽにしていく。

 

心の中が澄み切ってくると、エネルギーの消耗が無くなり、自分の内側がエネルギーに満ちてきて、豊かな自分に気づくことができる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

 

ユートピア行きの電車に乗る

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁68『もしも、あなたが、地獄に向かう電車に乗っていたとしたら、早く走れば走るほど、早く地獄に辿り着いてしまう。

 

ところが、ほとんどの人は、自分がどこに向かっているかわからないと、さらにがんばって電車を加速させてしまうのである。

 

では、自分が乗っている電車が地獄行きだとわかったら、どうしたらいいか。

 

それは、一回、乗ってい電車を降りることだ。

 

そして、ユートピア行きの電車を探して、その電車に乗り換えることだ。

 

地獄行きの電車に乗ることは、エゴの道を進むことである。

 

ユートピア行きの電車に乗ることは、真我の愛の道を進むことである。

 

早く自分の乗っている電車がどちらに向かっているかを確かめ、もし、地獄行きの電車に乗っていたら、一刻も早く、ユートピア行きの電車に乗り換えることだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170604163756j:plain

 

地獄行きの電車に乗ることは、エゴの道を進むことなのだね。

 

エゴの道とは、さまざまなインプットされた基準に基づき、自分や相手を裁きまくり、制約の多いエネルギーが消耗する生き方になる。

 

エネルギーが消耗すると、そのエネルギーの不足感から自分の外側への欲望が強くなったり、悩みや苦しみが酷くなる。

 

ユートピア行きの電車に乗るためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

心の中の想念や妄想が静まってきて、心の中が澄み切ってくると、エネルギーが満ちてきて、豊かな自分に気づくことができる。

 

波動を高めてエネルギーが高くなってくると、常に豊かな自分で生きることができるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

元に戻る力に沿って生きる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁66『神の力は、元に戻る力である。

 

人は時々、法則に反したことをする。

 

神は、それを元に戻そうとする。

 

例えば、振り子があれば、その振り子を、人間の手で持ち上げることができる。

 

それと同時に、その振り子を元に戻そうとする力も働いている。

 

しかし、手に持っている時は、その手の力の方が元に戻ろうとする力よりも強い。

 

人は、「私は病気だ」と自己暗示をかけて病気を掴んでいる場合がある。

 

しかし一方では、元に戻そうとする力(自然治癒力)も働いているのだ。

 

元に戻ろうとするのが、神が作った完全なる健康な自分なのである。

 

自分で掴む力と、元に戻そうとする力の強い方が、現実になるのである。

 

元に戻る力に沿って生きることで、人は健康に生きることができるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170603225240j:plain

 

自分で掴む力と、元に戻そうとする力の強い方が、現実になるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、自分で掴む力を強めて、不調和になっていく。

 

悩みや苦しみが生じて、病気になっていく。

 

元に戻そうとする力に沿って生きるには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、肉体の歪みが解消されたり、病気が治っていく。

 

どんどん波動を高めることで、愛の光になっていくのだね。

 

今日もナーダ音に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

 

YSブログ研究会