「無い」の奥に「在る」という捉え方

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁50『「知る」「信じる」「みえる」といった、私たち人間の心を通して認識する段階を超越して、「無い」「在る」という世界がある。


般若心経では、色即是空、空即是色といって「色という物質的存在には固定的な実態が無い、しかし同時に無いということによって現象界の万物が成り立っている」といわれている。


つまり、全ては「無い」という事実がある。


しかし、では全ての実体が「無い」と頭で理解したところで、現実に私たちの目の前にはあらゆる現象があって、それが「無い」とは捉えにくい。


そこで、更にその奥に「在る」という捉え方がある。


これは、私たちの心が捉えている現象、その実体は確かに「無い」のであるが、それら全てが神の愛として顕れている、そこには全てが神の愛として「在る」のである。』とある。


f:id:tamago0141:20170722123152j:plain


般若心経では、色即是空、空即是色といって「色という物質的存在には固定的な実態が無い、しかし同時に無いということによって現象界の万物が成り立っている」といわれているのだね。


色即是空は我即宇宙で、空即是色は宇宙即我になる。


目に見えるものは無常であり、固定的な実態は無いのだけれど、その背後には確実にそれらを顕している確かなものが在るのだね。


自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていては、「色」に翻弄されて「空」に気づくことができない。


偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、目に見えないのだけれども、背後で自分を生かしていただいている確かなものに、自分の体を通して気づいていく。


その気づきによって、物事の捉え方が素晴らしく変わっていくね。


今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)

 

神のメッセージ 2

完璧な神の愛として捉える

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁48『「知る」世界、「信じる」世界の次の段階として「みえる」世界がある。

 

「みえる」世界とは、私たちがそのことを知ろうが知るまいが、信じられようが信じられまいが、事実として「みえる」ということである。

 

その「みえる」には、「肉眼」、「心眼」、そして「真(神)眼」がある。

 

例えば、赤いシャツを着た人を見たとき、事実として赤いシャツを着ている、と肉眼で捉えられる。

 

知る必要も、信じる必要も無い。

 

また、その人の「心」がどのような状態かが摑めたら、そういった心の原因が然るべき結果を生むと結果が予想できるのは、心の眼、つまり「心眼」である。

 

そして、真我を開発していくと、そのものの本質、事実、真実がみえてくる。

 

これが「真(神)眼」である。「真眼」でみると、あらゆる人・モノ・出来事が、完璧な神の愛として捉えることができるようになってくるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170721195606j:plain

 

真我を開発していくと、そのものの本質、事実、真実がみえてくるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、5感で認識した肉体という個体をベースにして発想することから抜け出すことができない。

 

偏ったものの見方になってしまうのだけれど、それが当たり前だと思い込んでしまっている。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、目の前の現象に反応しなくなってくる自分になって、常に穏やかな自分でいることができるようになってくる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

捉える世界には様々な段階がある

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁46『私たちが捉える世界には様々な段階がある。

 

「知る」という世界は、知ったことを基準にしていくので、長所としては「誠実である」ということである。

 

例えば科学者の姿勢は、同じ実験を繰り返して、実証を重ねたことを発表していくという誠実さがある。

 

しかし、欠点は「知らないことは認められない、見えないものは認められない」ということである。

 

「信じる」世界の長所は、「早い、時間がかからない」ということである。

 

そのことを知ろうが知るまいが、「私はあなたを信じます」と思えた瞬間に、相手の全容を受け入れられたことになる。

 

しかし、欠点は「盲目」になる可能性があるのだ。

 

信じた相手が詐欺師だったらどうなるか?

 

間違った方向を信じ込んでしまう可能性があるのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170720205722j:plain

 

私たちが捉える世界には様々な段階があるのだね。

 

目の前の現象に対して、頭で考えて判断していくのは、固定化された基準で思い込みになってしまうので、上手く行かない。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、瞬間、瞬間に最適なものが直感的湧き上がってくる。

 

それに従うことで、上手くいくのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

 

 

 

心のゴミは出せば消える

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁44『家にある生ごみを、汚いからといって、押入れにいれて、そのまま放置しておくと、一見片付けたように見えて、やがて発酵して強い臭いを発する。

 

そして、まず家の中、つまり自分がその臭いの影響を受ける。

 

やがで、その臭いが近所までとどいて他人に迷惑をかける。

 

嫌な経験、という心のゴミも、見たくないからといって、心の奥に押し込んで忘れてしまうと、ゴミが臭いを発するが如く、その影響が体に負担をかけ、嫌な気分や病気として現れたり、性格に現れて他人に迷惑をかけ、根本解決にならない。

 

忘却は解決に繋がらないのである。

 

ゴミは捨てるときは臭って嫌な気分になるが、捨ててしまえばスッキリして、臭いもやがて消えていくのである。

 

心のゴミも、出せば消えるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170719194054j:plain

 

忘却は解決に繋がらず、心のゴミは出せば消えるのだね。

 

5感で認識たものは絶対的なものではないにも関わらず、それを絶対的なものだと思い込み、5感で認識したものに囚われてしまう。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、心のゴミは増えていく。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に向け続けることで、心のゴミ消えていく。

 

真我は目には見えないけれども、そこにフォーカスし続けることで、真我を実感できるようになってくる。

 

1日、24時間の大部分が、偽我の自分にフォーカスしていて、少しだけ真我の自分にフォーカスするぐらいでは、真我を実感することはできないね。

 

常に真我の自分にフォーカスし続けることで、常に豊かな自分でいることができ、その豊かな自分から発想することで、物事の捉え方が素晴らしく変わっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

 

潜在意識は誰彼の区別がつかない

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁42『結婚しても「相手が誰でも何故か理由も無く離婚したくなる、幸せになるほど自分で壊したくなる」という思いに駆られ、実際に離婚し、また再婚した相手とも離婚寸前の女性がいた。

 

彼女は幼少の頃、浮気をしていた父親をとても恨み、母親の痛みの復讐を子供心に胸に抱いて育った。

 

しかし、頭では親には感謝しましょうと教わっているので、恨む気持ちを無理やり心の奥の潜在意識に押し込みしまったまま、表面的には忘れたようになっていたのだ。

 

しかし、潜在意識は、誰彼の区別がつかず、父親への恨みが、そのまま夫に出ていたのである。

 

まさに八つ当たりの長期版ともいえるのである。

 

こうした、過去の体験という原因が、別の対象に同じ現象のパターンを繰り返してしまう性質になっているのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170718203702j:plain

 

過去の体験という原因が、別の対象に同じ現象のパターンを繰り返してしまう性質になっているのだね。

 

葦原瑞穂著 黎明 下巻 頁170に『・・・自我を見るのは自我であり、普遍意識が観るのは普遍意識ですから、相手の欠点を見たり、それについて批判している間の意識は、実在しないものに意識の焦点を合わせている状態になります。

 

この状態では相手に対してだけではなく、自分もまたその迷った状態を維持するようなエネルギーを出し続けているわけで、自分や相手、そして世界全体に対して善いことは何ひとつありません。』とある。

 

相手の欠点が見えたら、自我に意識の焦点を合わせている状態なのだね。

 

その時の自分の波動は粗いものとなっていて、世界全体のエネルギーレベルを下げていることになる。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

そうすることで、粗い波動から精妙な波動になって、エネルギーレベルが高まっていく。

 

高いエネルギーレベルは高い意識であり、そこからの発想で物事の捉え方が、素晴らしく変わってく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

【新版】黎明 下巻

 

 

 

 

 

因果の連鎖が続いていく

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁40『業の概念は縁起といって、私たちがみている実体は存在せずに、さまざまな原因や条件が寄り集まって存在する、ということである。

 

例えば、花は直接原因(因)である種子と間接原因(縁)である生育環境によって、花という結果(果)として成立するのである。

 

この直接原因(因)が、私たちの過去の体験・経験等によって刻み込まれた記憶、つまり業・カルマである。

 

この直接原因(因)である業が、間接原因(縁)と結びついて結果(果)をもたらすのである。

 

その結果(果)は新たな因になるといった連鎖が続いていくのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170717195935j:plain

 

過去の体験・経験等によって刻み込まれた記憶の直接原因(因)である業が、間接原因(縁)と結びついて結果(果)をもたらすのだね。

 

目に見えるものは、目に見えなものの結果になり、目に見えないものを変えることで、目に見えるものが変わってくる。

 

心の中が想念や妄想でゴチャゴチャと混乱しているのであれば、目の前の現象は、そのようなものとなり、その現象に振り回される人生となってしまう。

 

心の中の想念や妄想を静めるには、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることだね。

 

そうすることで、心の中が澄み切って、心が過去にも未来にも行かず、今に在り続けると、エネルギーが満ちてきて、もともと豊かな自分でいることができる。

 

その豊かな自分からの発想で、物事の捉え方が素晴らしく変わっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

 

 

あらゆる問題が解決していく

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁38『何千室もあるような大きなホテルの部屋も、たった一つで全ての部屋を開けることができる「マスターキー」というものがある。

 

あなたをはじめ、私たちの人生には、仕事の問題、過程の問題、健康の問題、お金の問題、人間関係の問題など、上げていけば数限りなくあるだろう。

 

この問題について一つ一つを解決するためのカギを一つ一つ探していたら大変である。

 

たった一つで、このような、あらゆる問題や悩みを一発で解決してくれる、まさにホテルの「マスターキー」のようなものはないものだろうか?

 

あなたの心の奥に内在している、本当のあなた「真我」こそ、まさにあなたの人生におけるあらゆる問題を解く、たった一つのマスターキーなのである。

 

真我を開発すれば、結果的にあなたのあらゆる問題が解決していくのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170716190559j:plain

 

あらゆる問題や悩みを一発で解決してくれる、まさにホテルの「マスターキー」のようなものが、心の奥に内在している、本当の自分「真我」なのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)で、問題を解決しようとすると、頭の中の固定化された判断基準で対応することになるが、問題は様々であり限られた判断基準で対応できない。

 

さらには、偽我の自分では、問題の目に見えてところだけで判断することになり、問題の本質を把握することなく、対応することになり上手くいかないね。

 

真我の自分であれば、問題に直面した瞬間に、その時に最適な内容が、直感的湧き上がってきて、それに沿って対応することで上手くいくのだね。

 

真我の自分で生きるには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

心の中が澄み切って、心が過去にも未来にも行かずに、今に在り続けることで、エネルギーが満ちて豊かな自分でいることができる。

 

常に豊かな自分で生きることで、物事の捉え方が素晴らしく変わっていくね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

 

YSブログ研究会