読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてが一気に同時に変わる

真我

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁48に、『今、目の前に現れている現象は、心が原因である。


恨みの気持ちを持っていたとしたら、その心が言動に表れて人間関係がうまくいかなくなり、その心でお客様に向かっても仕事がうまくいかず、うまくいかない心で家族にあたってしまい、体調もすぐれないという結果を引き起こす。


仕事だけ順調にしようと思っても、恨む心で仕事だけ大成功するということにはならないのである。


しかし、真我に目覚めれば、すべてが一気に同時に変わる。


仕事の問題にはこの方法、人間関係にはこの方法という対処療法的なものではないからである。


真我に目覚めれば、先ほどとは逆のことが起こる。


喜びと感謝いっぱいの心で人に接すると、人間関係は自ずと良くなり、その心でお客様に向かって成績も良くなり、家庭も潤い、やる気も出てきて健康面の問題もなくなる。


心という根本が変わると、それに見合った現象がやってくるのである。』とある。


f:id:tamago0141:20160618211252j:plain


真我に目覚めれば、すべてが一気に同時に変わるのだね。


仕事だけとか、健康だけとか、そのような分類は人間の頭で考えたものに過ぎなく、宇宙からしたら、そのような分類は無いのだね。


目の前に現れている現象は、心が原因となっているものだから、素晴らしい心になれば、その現象も素晴らしくなる。


心に振り回されるのではなく、心をコントロールできれば良いね。


そのためには、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続けることだね。


そうすることで、心をコントロールできるようになってくるね。


今日も本当の自分に意識を向け続ける。

善き言葉には力がある

その他

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁46に、『善き言葉には力がある。

 

「ありがとうございます」、「ごめんなさい」などを口ぐせにしていると運が良くなると言われるが、これらの言葉は浄水器のようなものである。

 

心の中に、恨みやつらみや憎しみなどがあると、それが言葉となり行動となって現象が現れてくる。たとえば、「ありがとう」という言葉を使っても、心の中の苦しみや悩みは解消されていない可能性がある。

 

心の貯水タンクに泥水が入っていたら、「ありがとう」という言葉で浄水して外に出しても、タンクの中身は泥水のままということである。

 

この貯水タンクの中身を丸ごと入れ替えてしまえば、「ありがとう」という言葉は自然に口から出てくる。

 

それは、真我に目覚めるということである。

 

真我に目覚めると、悩みや苦しみが一瞬にして愛や感謝に変わる。

 

そうなると、出てくる言葉や行動は相手を喜ばせ、何より自分が一番嬉しい状態になるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170327190220j:plain

 

頭にインプットされた教えで、「ありがとう」と言うことではなく、「ありがとう」という言葉が、自然に口から出てくる状態になることが重要だね。

 

心の貯水タンクが綺麗になれば、その結果として、綺麗な言葉が自然と出てくるのだね。

 

心の貯水タンクを綺麗にするには、執着しているものを外していくことだね。

 

そのためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向けて、愛そのもののエネルギーで、心の貯水タンクを浄化し続ける。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

今のままで完全・完璧

宇宙の法則

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁44に、『あなたは、完全、完璧である。


もともと生まれたときから、完全、完璧なのである。


それは、一般的にいわれているところの、非の打ちどころがないということでも、完璧主義ということでもない。


今のままのあなたで完璧ということである。


これから何かを学んで、練習して、身につけるのではなく、生まれた時からあなたはという存在はありのままで、もう既に完璧なのだ。


なぜなら、あなたは宇宙の存在であるからだ。


宇宙が生んだものであるからだ。


この世で宇宙の存在でないものは何一つない。


大自然も、動物も、人間も、現象も、大いなる宇宙の存在そのものなのである。


宇宙は大調和の世界であるから、あなたという存在は調和の中にいるのである。


あれができる、これができる、稼ぎが良い、悪いなどというのは、人間が作った小さな価値観にすぎない。


人間は、脳で考えることがすべてで偉大なことだと思っているが、それは大きな錯覚である。


人間の脳を創ったのは、命を生んだのは、何か。


その完璧に目を向けるのである。


宇宙意識は、人間の脳で考えた価値観などはるかに超越した、もっと広く高い意識である。


そして、それがあなたの本当の姿なのである。』とある。


f:id:tamago0141:20160623201808j:plain


今のままのあなたで完璧ということが、ポイントだね。


そう思えない自分がいるとすれば、自分の中にある基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)に囚われている。


自分でも分からない過去の記憶に囚われてしまっているかもしれないから手強いね。


その囚われから抜け出すには、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続ける。


誰もができることを、誰もができないぐらいやり続けることで、いろいろな気づきが生じて、執着していたものがどんどん外れていき、素晴らしい自分に気づけるね。


今日も本当の自分に意識を向け続ける。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)

満月の法則

認めると変化は大きくなる

真我

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁42に、『真我は頭で考えても理解できない世界である。

 

同じく、私たちの抱えている業やカルマ、一般的にいう心も目に見えないものである。

 

自分の心でありながら、そこに何が詰まっているのかがわからない。

 

真我に目覚めても、何がどう変化したのかわからないと戸惑う人もいる。

 

変化をどのように五感で捉えていくかというと、目の前に起こる現象面の変化を見るのである。

 

私たちに起きる現象はすべて心が原因であるから、心が変われば現象も変わる。

 

体の中にポリープがあったとしても、自分では気づかない。

 

栄養面が改善されたり、薬を飲むなどして、そのポリープが消えたとしても、やはり自分ではわからない。

 

しかし、以前より体調が良くなって日常生活が楽になったとしたら、そのことを認めることはできる。

 

心の世界も同じで、自分の心に何が入っているかをわからなくても、真我の目覚めで心が変わる。

 

心が変わると、起きる現象が変わるので、そこを認めるのである。

 

どんな小さなことでも、見つけて認めていくのである。

 

現実面に現れるまでに時間差がある場合もあるが、認めると変化はさらに大きくなっていく。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170325201402j:plain

 

認めると変化は大きくなることが、ポイントだね。

 

最近の気づきだけど・・・

 

佐藤学長もヨグマタジも、真我に目覚め、真我で生きることを説かれている。

 

佐藤学長は、真我開発講座で真我に繋げて、その後は、日々の真我の実践で、その繋がりを太くしていく。

 

ヨグマタジは、ディクシャ(高次元のエネルギー伝授)で真我に繋げて、その後は、日々の瞑想で、その繋がりを太くしていく。

 

真理は対立しないね。

 

誰もが、真我との繋がりをより太くしていきたい、言い換えると、業やカルマを浄化していきたいと思う。

 

これを効果的に行うポイントに関する気づきだけど・・・

 

佐藤学長やヨグマタジに対する絶対的な信頼、すべてを捧げることができる1点の曇りもない究極の信頼が、ポイントなんだなと強く思えてきた。

 

科学的に祈りの効果が立証されていることもあり、祈りがポイントになるのだね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

ヒマラヤ大聖者のマインドフルネス

相手と自分の喜びが1つになる

真我

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁40に、『私たちは頭で考えて、言葉を使い、行動する。

 

頭で考える世界は、その人の価値観の世界であって、人それぞれ違う。

 

自分の損得勘定や、過去の出来事の影響、あるいは学習してきたことなどが、自分の言動につながる。

 

そしてそれは、こうなったらよいというように自分に都合のよい結果を求めてしまって、その結果が自分の思いと違うと落胆したり、その出来事を未来にまで引きずることにもなる。

 

たとえば、自社の利益だけを考えてシナリオを作って行動しても、顧客とトラブルになりかねない。

 

一方が良くても、一方は良くない不調和の世界である。考えて誘導すると、このようなことが起こる可能性が高い。

 

では、真我の世界はどのようになるかというと、結果が先なのである。真我の発想は、このような場合はこれという決まった答えはない。

 

その瞬間に、過去にも未来にも捉われない、最適な方法が出てくるのである。

 

自社の利益も確保しつつ、最大限、今目の前にいる顧客の利益にも貢献するという知恵やアイデアや言動が、その時に出てくるのである。それは、あらかじめ用意したものでは間に合わない。

 

今、その瞬間に最適なものが現れる。そして、その結果の意味は後からわかってくる。

 

これで良かった、これはこういう意味だったのだと、頭で理解できるのである。

 

自分も相手も生かすことのできる、大調和のまったく新しい世界なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170324221404j:plain

 

考えて誘導すると、不調和の世界となり、真我の世界では、結果が先で、このような場合はこれという決まった答えはないのだね。

 

どこから発想し行動するのかが、ポイントになる。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けている、個体意識からの発想では、不調和の世界だね。

 

自分(偽我)の中のさまざまな囚われた基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)に基づき判断することになり、当然自分の自分(偽我)に都合が良い結果を求め続けることになる。

 

では、どうしたら良いのだろうか?

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向けることだね。

 

誰もに共通する繋がっている意識、全体意識からの発想で行動すれば、大調和のまったく新しい世界になるのだね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

業・カルマを消す作業

真我

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁38に、『悟りを求める人は、自分の抱えている業やカルマを消して、その奥の真我に辿りつこうと試みる場合が多い。


滝に打たれたり、何時間も座禅や瞑想をしたりして、表面にある自分を消し去って、究極の境地、真我を求める。


しかし、本当は違う。


真我が出てきた時に、業やカルマや、自分の浅い部分にあるものが消えるのである。


真我は理屈や頭では絶対に捉えることのできないものであるが、誰の中にも内在する究極の全体意識である。


知識で捉えて理解できるものではない。


究極の自分(真我)から出てくる発想、言葉、行動が、過去の記憶や業やカルマを消していく作業となるのである。


私はまだまだ修行が足りないと言うのは、今までの学問の考え方である。


勉強をしたり、何かの教えを学ぶものではない。


今、この瞬間に、あなたの中から真我を出すことができるのである。』とある。


f:id:tamago0141:20160625125156j:plain


究極の自分(真我)が内在している、既に悟っている自分(真我)に気づくことが、業・カルマを消すことよりも優先させるのだね。


その気づきによって、その気づきを深めていくことが、結果として、業・カルマを消していくのだね。


そのためには、自分の心の曇りで、究極の自分(真我)の存在が分からなくても、そこに意識を向け続ける。


誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続ける。


今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)

満月の法則

今この瞬間の最適な判断

真我

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁36に、『人間は、過去の記憶によって判断し行動している。

 

たとえば、野生のシマウマはライオンに見つけられると全速力で逃げるが、その場をやり過ごしてしまったあとは、ライオンに追いかけられたことを恨んだり、次に追いかけられたらこの手を使おうという策などは考えていない。

 

しかし人間は、あの時のあの言葉はどうしても許せない、裏切られたあの出来事は忘れることはできないなどのように、もう何十年も前の出来事を恨みやつらみとして持ち続ける。

 

また、未来に対しての不安を抱えながら、今を生きている。

 

その心が知らず知らずのうちに言葉や行動として現れ、今のあなたの現実として現れるのである。

 

過去の出来事をいつまでも持っているのは、人間独特の脳である。

 

過去の持ち越し苦労、未来への取り越し苦労は、あなたが捉えたものに過ぎず、その枠に自分をはめて非常に不自由である。

 

今この瞬間起きていることは、過去にも未来にもどこにもない、比べることのできないことだから、何にも捉われない今この瞬間の最適な判断をするとよいのである。

 

それには、あなたに内在している真我を出すことである。

 

その判断で行動した結果、過去の因縁が消えて結果が変わるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20160618224756j:plain

 

 自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、今に生きることができないね。

 

過去の持ち越し苦労、未来への取り越し苦労で、心に振り回されることになり、エネルギーが消耗し疲れることになる。

 

今この瞬間の最適な判断で生きることができるには、どうすれば良いのだろうか?

 

本当の自分(真我、満月、まんまる)で、生きることだね。

 

そのためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続ける。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

YSブログ研究会