瞑想と真我瞑想との違い

心の学校 佐藤学長の「一瞬で宇宙とひとつになれる真我瞑想」の頁151~152に、『・・・既存の瞑想法は、その瞑想法を実践する人にとっては、瞑想によって真我に到達しようとする姿勢がどうしても出てきます。

 

しかし、真我瞑想は、真我に目覚めている、というところがスタートラインなのです。・・・

 

瞑想状態というのは、言ってみれば、真我に目覚めている状態なのです。・・・』とある。

 

既存の瞑想と真我瞑想との最大の違いは、スタートラインなんだね。

 

既存の瞑想 : 真我に目覚めていない

 

真我瞑想 : 真我に目覚めている

 

既存の瞑想は、悟るための手段だけど、真我瞑想は、既に悟っている状態で、日常生活で実践していくものであり、人生の目的そのものなんだね。

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に、自分の意識を向け続け、日々の生活を送る。

 

今日も「真我の実践」を唱え続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

YSブログ研究会