もともとある意識とは?

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁78に、『個体意識とは、学習して、後天的に身につけた意識のことを言う。

 

人が「自分の意識」という時の意識は、ほとんどが個体意識である。

 

全体意識とは、もともとある意識であり、真我、神、宇宙意識とも言う。

 

自分自身の考え方が完璧になくなった時に、全体意識になるのである。

 

個体意識は、ちょうど、ガラス玉に自分の空気を入れている状態である。

 

しかし、ガラス玉は、他のガラス玉とぶつかると割れてしまう。

 

そして、死んで生まれ変わることでもある。

 

しかし、ガラス玉を自ら割って、全体の空気と調和することもできる。

 

それが、生きているうちに生まれ変わるということだ。

 

固定観念や思い込みを総て捨て切った時から、無限の人生が始まるのだ。』とある。

 

 f:id:tamago0141:20170609201236j:plain

 

自分自身の考え方が完璧になくなった時に、全体意識になるのだね。


自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、いろいろな思いが湧き上がり続けていて、心は混乱した状態になっている。

 

その状態が当たり前だと思い込んだしまっていると、個体意識が強く、目の前の現象に反応しまくるね。

 

そのため、心が振り回され、エネルギーが消耗するので、仮に楽しいことばかりが続いたとしても、心の奥深くでは満たされない不足感が解消されない。

 

その楽しさは、本当の喜びではないからだね。

 

では、どうしたら良いのだろうか?

 

変化するものに囚われ、そこに意識を向け続けると、心は振り回されることになり、エネルギーが消耗する。

 

だから、変化しないものに意識を向け続けることで、心は穏やかになり、エネルギーが満ちてくる。

 

その変化しないものが、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)だね。

 

そこに、意識を向け続けることで、エネルギーが満ちてくる。

 

心の奥深くでの不足感が解消され、本当の喜びで生きることができる。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」 今を生きるための、ヨガと仏陀とキリストの教え

 

 

YSブログ研究会