心で思えばそのとおりになる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁112『普段、あなたが「これが私の財産」というときの「これ」のは、どこまでのことだろうか?

 

私たちは、心の存在だから、心で思えばそのとおりになるのである。

 

私の財産はこれだけ、と限定したら、その分だけが財産となる。

 

しかし、その限定を全て手放したら、全てが自分の財産になる、ということにもなるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170819084219j:plain

 

限定を全て手放したら、全てが自分の財産になるのだね。

 

心で思えばその通りになると言っても、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)であると、限定した自分であるから、思おうと思ってもそう思えない自分が出てくる。

 

また、限定した自分の思いというのはエゴからの思いなので、仮に思い通りになったとしても、反動で後々上手くいかなくなる。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

そうすることで、自分の内側が満ちてきて、豊かな自分で在り続けると、今この瞬間が豊かな自分であるので、自分の外側への欲望は生じなくなっている自分に気づくことができる。

 

常に豊かな自分であれば、物事の捉え方が素晴らしく変わっていき、人生が素晴らしくなっていくね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

 

 

YSブログ研究会