天が与えた自然美

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁60に、『人は、美しさの基準を自ら決めてしまうところがある。

 

例えば盆栽は、人が思う美しさにした人工的な美であって、本来の自然の美ではない。

 

しかし、山から木々を見た時、それを自然の美として受け止めることはできる。

 

自然には、天が与えた美があるのだ。

 

同様に、人にも天から与えられた才能がある。

 

だから、人はみな天才なのだ。

 

しかし、人は天才と凡才を作ってしまう。

 

それは、自分の思う美に当てはめようとするからである。

 

天が与えた自然の美を美しいと受け止める心になれば、どんな成長の仕方をしようとも、総て天才として受け止めることができるのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170531193619j:plain

 

人は、美しさの基準を自ら決めてしまうところがあるのだね。

 

目の前の現象は、絶えず変化しているにも関わらず、自分の中の固定化した基準で物事を捉えてしまう。

 

頭で考えれば考えるほど、過去の記憶に囚われてしまっている偏った捉え方をしてしまい、上手くいかないね。

 

さらに、頑張ってしまうと、ますます自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いて、目の前の現象に対して、より偏った捉え方をしてしまい不調和になってしまう。

 

自分の考えは大したことがないと思い、想念を止めることで、本当の自分(真我、満月、まんまる)からの叡智が頭にアウトプットされ、そこからの発想で行動すると上手くいくね。

 

想念を止めるのは難しいかもしれないけど、「真我の実践」を唱え続けることはできるね。

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続けることで、目の前の現象に対して、最適な対応ができるようになるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」 今を生きるための、ヨガと仏陀とキリストの教え

YSブログ研究会