波長の違う人の対応方法

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁116に、『波長の合わない人との付き合い方は、四つしかない。

 

・意識波動の高い人が、波長の低い人に合わせる。

 

・意識波動の低い人が、波長の高い人を見習って上がる。

 

・お互いに離れる。

 

・意識波動の高い人が低い人を包む。

 

「あの人とは波長が合わないからダメ」と言ってしまえばそれまでだが、この四つの方法があることを知るだけでも、人間的なスケールは大きくなるのである。

 

そして、波長の合わない人は悪人であるという捉え方をしなくなる。

 

リーダーとなるような人は、「清濁併せ呑む」と言うように、全ての人を包み込める人である。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170628192234j:plain

 

この四つの方法があることを知るだけでも、人間的なスケールは大きくなるのだね。

 

また、原因と結果の法則、フイルムとスクリーンの話であれば、目の前の人は、自分のフイルムの状態を教えてくれている、全ては学びなのだと捉えることができるね。

 

意識波動に関しは、同じ言葉であっても、その言葉を発する人の意識波動がプラスされているので、伝わり方が異なってくる。

 

例えば、「真我の実践」を唱えるにしても、どのような意識状態で体全体に、その言葉の意識波動を響かせるかとして、唱えることで効果が異なってくるね。

 

そういう意味では、「真我の実践」を唱えるだけと言っても奥が深く、自分自身でいろいろ試しながら気づいていくと言うプロセスが、とても重要だね。

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続ける。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

八正道

YSブログ研究会