自然の美を美しいと認める

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁60に、『人は、美しさの基準を自ら決めてしまうところがある。

 

例えば盆栽は、人が思う美しさにした人工的な美であって、本来の自然の美ではない。

 

しかし、山から木々を見た時、それを自然の美として受け止めることはできる。

 

自然には、天が与えた美があるのだ。

 

同様に、人にも天から与えられた才能がある。

 

だから、人はみな天才なのだ。

 

しかし、人は天才と凡才を作ってしまう。

 

それは、自分の思う美に当てはめようとするからである。

 

天が与えた自然の美を美しいと受け止める心になれば、どんな成長の仕方をしようとも、総て天才として受け止めることができるのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170531193619j:plain

 

人は、美しさの基準を自ら決めてしまうところがあるのだね。

 

人工的な美に拘って、自分が思う美に当てはめようとする。

 

頭にインプットしたもので判断せず、ありのままの自然を美しいと受け止めることができれば、ありのままの自分も認めることができるね。

 

そのためには、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)である心と肉体に、意識を向けるのではなく、本当の自分(真我)に意識を向け続けることだね。

 

自分の中の基準が薄れていき、裁くことなく、ありのままを認められるようになってくる。

 

エネルギーを消耗する裁きが減ってくると、エネルギーが満ちてきて、豊かな自分に気づくことができる。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

YSブログ研究会