起きた原因を探る習慣を持つ

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁112『事務所で、警報機がジーン!と鳴り響いたとする。

 

その時、警報機が鳴っている原因も知らないで、ただ「うるさいから止めよう」と言って止めてしまったらどうなるだろうか。

 

もし本当に火事だったら、大変なことになってしまう。

 

なぜ、警報機が鳴ったのか、その原因を知ることが大事なのだ。

 

あなたの体のどこかが傷んだ時、ただ痛いからといって痛みを止めてしまったら、原因はわからないままだ。

 

あなたの人生に起きることや、あなたの体に起きることは、どんな些細なことでも、あなたに何かを気づかせてくれるメッセージなのだ。

 

だから、起きたことの原因を探る習慣を持つのだ。

 

天があなたに送ってくれたメッセージを聞くのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170626220913j:plain

 

体のどこかが傷んだ時、ただ痛いからといって痛みを止めてしまったら、原因はわからないままだね。

 

宇宙の法則は目には見えないので、体を通して、それに気づいていく。

 

自分は自分で生きているという思いが強ければ、それは目に見えるものだけで世界は成り立っているという単純な思い込みになる。

 

体は無意識に自動的に動いている所がほとんどでありながら、そのように思い込んでしまっているのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、自分は自分でいきているのではなく、宇宙に生かされている存在なのだと思えてくる。

 

意識が高まり、物事の捉え方が素晴らしく変わっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

 

YSブログ研究会