一番深いところに本物の愛がある

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁120『心の構造は、ダイヤモンドと石ころとイミテーションに譬えることができる。

 

愛や感謝、プラス思考を知識として学ぶのは、イミテーションである。

 

人を愛そうと思っても、どうしても憎んでしまう本音が、石ころである。

 

それに対して、真我は本当の愛、感謝、プラス思考そのものであり、それがダイヤモンドなのである。

 

もし、目の前のテーブルの上に、ダイヤモンドと、本物そっくりのイミテーションと、石ころを並べておいたら、あなたがダイヤモンドだけをとる時に、一番邪魔になるのは何だろう。

 

それは、イミテーションなのだ。頭で学んで人を愛し、人に感謝するのは、本物の愛でも感謝でもないのだ。

 

真我に目覚めたら、愛さずにはいられない、感謝せずにはいられなくなるのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170630222335j:plain

 

頭で学んで人を愛し、人に感謝するのは、本物の愛でも感謝でもないのだね。

 

こうしなければとか、ああしなければとかで、生きるのは頭で学んだものを基準にして判断し続けている。

 

その基準は価値観や拘りなどになり、その基準に囚われていることになる。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、囚われているものを外すことができず、意識が低いままで留まってしまう。

 

意識が低いと、気分は重く、悩みや苦しみの多い人生となってしまうね。

 

意識を高めるための最大の障壁は、偽我の自分になる。

 

偽我の自分を相手にすると、偽我の自分の術中にハマることになる。

 

偽我の自分を相手せず、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

YSブログ研究会