心で思えばそのとおりになる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁112『普段、あなたが「これが私の財産」というときの「これ」のは、どこまでのことだろうか?

 

私たちは、心の存在だから、心で思えばそのとおりになるのである。

 

私の財産はこれだけ、限定したら、その分だけが財産となる。

 

しかし、その限定を全て手放したら、全てが自分の財産になる、ということにもなるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170819084219j:plain

 

私の財産の限定を全て手放したら、全てが自分の財産になるのだね。

 

その限定は、自分でも分からないようなものを含めた自分にインプットされた基準(価値観、先入観、思い込み、拘りなど)によって形作られてしまう。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、その限定を手放すことはできない。

 

その限定を手放すには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることだね。

 

やり続けることで、自分にインプットされた基準が薄れてきて、個体意識から全体意識による発想になっていく。

 

良いこと、悪いことの境界が無くなって、「こうしなければ」とか「ああしなければ」という思いが生じなくなっていく。

 

思い込みが無くなると、物事を偏って捉えることが無くなり、一瞬、一瞬の判断が適切なものとなり、何事も上手くいくようになる。

 

以前なら問題であったものが、問題で無くなるのだね。

 

問題は対象に問題があると思い込んでしまうのだけれど、そのことを問題と捉えてしまっている自分に問題があったことに気づくことができる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ〈2〉

 

 

 

 

 

 

 

YSブログ研究会