心の中に根本原因がある

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁12に、『Aさんとはとても馬が合うし仲良くできる。

 

ちょっとしたことがあっても、よい関係でいることができる。

 

一方、Bさんとは、会えば、すぐに言い合いになってしまう。

 

だから、Bさんとは関わらないようにするということで解決するのかというと、それは表面的なことにすぎない。

 

AさんやBさんでなくても、同じようなタイプと出会うと、あなたの心はいつでも同じように反応して、同じような結果になってしまうのである。

 

あなたの心の中に根本原因があるからである。

 

AさんやBさんが、現れようが現れまいが、あなたの心の中には、そのタイプはうまくいく、反対に苦手という因があるのである。

 

それが、表に現れるかどうかは、外界の縁が訪れるか否かということである。

 

因(タネ)である根本原因が、縁とい環境原因と反応して、結果となるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170823184248j:plain

 

心の中に根本原因があるから、心はいつでも同じように反応して、同じような結果になってしまうのだね。

 

その根本原因とは、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)が、囚われてものになる。

 

それを強く掴んでいるので、同じことを繰り返してしまう。

 

偽我の自分に意識が向いていると、その囚われは外れない。

 

その囚われを外すためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続けることだね。

 

そうすることで、心が反応していることに気づけ、更には心が反応しなくなっていくことに気づける。

 

心が反応しなくなってくると、物事をありのままに捉えらるようになってきて、適切に判断できるようになるね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

YSブログ研究会