正しさの概念から争いは起こる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁50『考え方、主義・主張、思想や哲学、宗教というのは、それぞれが千差万別である。

 

この考え方が正しい、自分が正しいといった概念から、争いは起こる。

 

世の中の戦争のほとんどは、自分たちが正しいという概念から起こっている。

 

このように自他を分ける意識を、個体意識と言う。

 

個体意識は、エゴであり、不調和の心である。

 

個体意識は、自分の顕在意識や潜在意識の思い込みなのである。

 

事実と思い込みは違うのである。

 

個体意識を総て取り外した時、全体意識になるのである。

 

全体意識とは神の愛である。

 

神の愛に目覚めれば、みんなが一つと気づくことができる。

 

個体意識が消え、全体意識になった時、大調和の心になれるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170526195519j:plain

 

世の中の戦争のほとんどは、自分たちが正しいという概念から起こっていて、このように自他を分ける意識を、個体意識と言うのだね。

 

これは正しいだろうと言う思いが湧き上がって時、この正しさはどこから生じているのを突き詰めてみると良いね。

 

ある過去の記憶に囚われていたことに気づけるかもしれない。

 

その囚われによって、相手や自分を裁くことで、重苦しい生き方になってしまう。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、その囚われが外れない。

 

もっと軽やかに生きるには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることだね。

 

意識次元が上がって、なんでも受け入れることができるようになっていく。

 

対立ではなく、自然に調和する動きになっていくのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

 

YSブログ研究会