次元上昇でより価値あるものを求める

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁82『目的を見失っている人が大変増えている。

 

何のためにがんばって仕事をしているのか、何のためにいきているのか、それがわからなくなっている人が増えているのだ。

 

そして、やる気は起きないし、夢や希望も持てないでいるのだ。

 

幼児も小学生になると、幼稚園の頃遊んでいたオモチャでは楽しくなくなる。

 

そのオモチャに飽きた時、一瞬、楽しみがなくなり、元気がなくなることがある。

 

人が目的を見失って、虚しくなるというのは、ちょうどそんな状態に似ている。

 

今まで価値があると思っていたものに、価値を見出せなくなるのだ。

 

そんな時は、もっと楽しいオモチャを見つければいいのだ。

 

次元上昇をして、より価値のあるものを求めるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170611205850j:plain

 

何のためにがんばって仕事をしているのか、何のためにいきているのか、それがわからなくなっている人が増えているのだね。

 

価値があると思い込んでいたものに対して、意識次元が上昇することで、価値が見出せなくなってくると、虚しくなってくる。

 

それは良いことであり、より価値のあるものに気づくことができるきっかけになる。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、偽我の自分を中心とした発想しかできず、かなり偏った物事の捉え方になってしまう。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、多くの気づきが生じてくる。

 

そうする中で、人は何のために生きているのかの本当の目的が、分かってくるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

YSブログ研究会