意識を高める精読:頁34~36

ヨグマタ相川圭子著 宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」頁34~36に、『私たちには心と体と魂があります。

 

人生をより幸福にしていくためには、心と体を正しく使っていく必要があります。

 

無意識で、欲望によってさまざまな要らないものを溜め込んで、心も体もゴミ箱のようになってしまいました。

 

その曇りが、本来の魂のクオリティを覆い隠して、神聖のクオリティが表現できなくなっています。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、欲望を叶えることで幸せになれるという思い込みを外すことができない。

 

欲望を叶えても幸せになることができないのに、束の間の喜びを追い求めてしまう。

 

悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまうのだね。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

自分の内側からエネルギーが満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

自分の内側からのエネルギーは幸せそのものなので、そのエネルギーで満ちることで、幸せはいつまでも続くのだね。

 

悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、幸せそのもので軽やかに生きることができる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」 今を生きるための、ヨガと仏陀とキリストの教え

https://www.facebook.com/yogmataaikawakeiko/videos/vb.169451696443662/883688971686594/?type=2&theater

YSブログ研究会