固定化された実体はない

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁70に、『目で人間を見るとき、ふつうは私たちの普段知っている肉体の人間が見える。

 

しかし、もし何万倍率も見える顕微鏡のような目を持っていたら、普段の肉体としての人間の姿には見えないだろう。

 

仮に細胞まで見える倍率の目があったら、人間でなく細胞として見える。

 

原子が見える目があったら、原子が見える。

 

しかし、どの倍率で見ても、その人間の事実であることに変わりは無い。

 

つまり私たちが見ている人間の姿は、ある固定化された倍率だけの世界、その人のレベルで見たものであって、そのものの実体ではないのである。

 

事実は無限にあるのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170202204638j:plain

 

5感で認識したものは、人間と言う限定された肉体を通して捉えたものに過ぎないのだね。

 

それにも関わらず、目の前の物事を固定化して頭に記憶することで理解したつもりになっている。

 

「これはこうなんだ」「あの人はああだよ」「あれはこうなんだよ」と言うふうに固定化したもので判断する。

 

しかし、「事実は無限にある」と言うことを正しく理解できたら、目の前の物事を固定化した瞬間に、間違いが始まることになるね。

 

この固定化するが故に、過去や未来に生きていて、今に生きることが困難になる。

 

目の前の物事をありのままに捉えることができる自分になることで、今に生きることができる。

 

そのためには、過去の記憶に囚われない自分になることであり、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に、意識を向け続ける。

 

今日も「真我の実践」を唱え続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

YSブログ研究会