はっきりと答えが出る

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁106に、『どちらの道に進んだら良いのか、または、やるべきか、やらないでおくべきか、迷ってしまう時がある。

 

そんな時は、あまり考えすぎると、頭の中で妄想が膨らみ、身動きがとれなくなってしまうことが多い。

 

そういう時は「迷ったら近づけ」の精神で、とにかくやってみるのである。

 

磁石も、N極とS極でくっつくのか、同極で反発しあうのかは、近づけてみないと分からない。

 

頭の中だけで考えているだけでは結論がでない。

 

まず、やってみることによって、はっきりと答えが出るのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170815200100j:plain

 

あまり考えすぎると、頭の中で妄想が膨らみ、身動きがとれなくなってしまうことが多いのだね。

 

妄想が膨らむことは、宇宙からすれば、どんどん不調和になっていくことになる。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)を強化しているとも言える。

 

想念や妄想が一杯で、いつも心の中が混乱し、心の中のおしゃべりが止まらない状態であると、今、楽だなと感じる時も、その楽は本当の楽ではない。

 

想念や妄想で、内側からのエネルギーを浪費していても、それに慣れてしまっているので、感覚が麻痺しているのだね。

 

想念や妄想が静まることで、本当の楽を味わうことができる。

 

それが極楽なのだと思う。

 

その極楽を味わうためには、偽我の自分を強化するのではなく、本当の自分に気づいていくことだね。

 

そのためには、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続ける。

 

自分の内側から豊かさが湧き出でる泉に気づくことができる。

 

その泉は枯れることが無いので、常に豊かさで満たされながら、人生を生きることができね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

YSブログ研究会