囚われない自由な境地の心

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁68『私たちの人生は、全て心が主体となって展開していくのである。

 

地獄を味わう人は、外に地獄があるのではなく、地獄を反映させる原因となる心を持っているのである。

 

また、天国を味わう人は、天国を反映させる何ものにも囚われない自由な境地の心を持っているのである。

 

これを仏教では涅槃の境地ともいう。

 

そういった心という内界の原因が現象という外界に結果として現れているのが、人生なのである。

 

元々自分にあったものが出てきているのである。

 

涅槃とは、まさに真我に目覚めることである。

 

真我に目覚めることによって、その自由な心が天国を展開させてくれるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170729153724j:plain

 

地獄を味わう人は、地獄を反映させる原因となる心を持っていて、天国を味わう人は、天国を反映させる何ものにも囚われない自由な境地の心を持っているのだね。

 

自分を自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、心の中が想念や妄想で混乱している状態が当たり前であり、そのことに慣れきってしまっていて、その状態から抜け出せない。

 

これが地獄なのだけれど、そうしているのは偽我の自分なのだね。

 

偽我の自分に意識を向けると、偽我の自分にエネルギーを注いでいることになり、ますます偽我の自分が強くなっていく。

 

これでは地獄から抜け出せないね。

 

地獄らか抜け出すためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

やり続けることで、偽我の自分にエネルギーを注ぐことがなく、エネルギーの消耗が無くなり、エネルギーが満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

この豊かな自分は、常に無条件で在り続けるので、天国と言えるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

 

YSブログ研究会