事実は無限で固定的な実体はない

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁70『目で人間を見るとき、普通は私たちの普段知っている肉体の人間が見える。

 

しかし、もし何万倍率も見える顕微鏡のような目を持っていたら、普段の肉体としての人間の姿には見えないだろう。

 

仮に細胞まで見える倍率の目があったら、人間でなく細胞として見える。

 

原子が見える目があったら、原子が見える。

 

しかし、どの倍率で見ても、その人間の事実であることに変わりは無い。

 

つまり私たちが見ている人間の姿は、ある固定化された倍率だけの世界、その人間のレベルで見たものであって、そのものの実体ではないのである。

 

事実は無限にあるのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170730202645j:plain

 

私たちが見ている人間の姿は、ある固定化された倍率だけの世界、その人間のレベルで見たものであって、そのものの実体ではないのだね。

 

5感で認識したものは、一側面であって全てではなく、それを全てであると捉えるのは思い込みに過ぎない。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いて、個体意識からの発想では、偏ったものの見方からであるから、上手くいかないのだね。

 

個体意識からの発想を抜け出すには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

部分ではなく、より全体から物事を捉えることで、いろいろな気づきが生じて、瞬間、瞬間の判断が適切なものとなり、上手くいくようになる。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

YSブログ研究会