知識の真理は真理ではない

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁122『真理の受け止め方の三つ目は、自分の知識の中に真理という知識を入れてしまうパターンである。

 

真理という知識が増えたのである。自分の考えや知識のバリエーションの中に、真理を、ひとつの考え方として置いてしまうのだ。

 

「人間はみな真我である」、「真我とは究極の愛そのものである」ということを、自分の知識のひとつとして入れてしまう、いわゆる、学びとしてまうのである。

 

人の脳で捉えた、知識としての「究極の愛」であるから、当然、これは真理とは違う物である。

 

100人いたら、100人の「究極の愛」があることになる。

 

真理は、誰にとっても、何にとっても、普遍のものであるから、知識の真理は真理ではない。』とある。

 

f:id:tamago0141:20171017202837j:plain

 

「人間はみな真我である」、「真我とは究極の愛そのものである」ということを、自分の知識のひとつとして入れてしまう、いわゆる、学びとしてまうのだね。

 

頭で理解することは、無限のものを自分なりに固定化した有限のものとして捉えることになってしまうので、真理とは違ってしまう。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いて、偽我の自分で真我を理解しよとすることが不可能なのだね。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、真我の自分に気づいていく。

 

個体意識からではなく、全体意識から発想することで、物事の捉え方が素晴らしく変わっていくね。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

 

YSブログ研究会