万人に平等の宇宙の法則

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁120『真理の受け止め方の二つ目は、真理という知識を、自分の価値観と並列に頭に置くパターンである。価値観は価値観、真理は真理という知識で分離をするパターンである。

 

真我であるという真理は、頭で理解できるものではなく、また知識でもない。

 

万人に平等の宇宙の法則である。

 

宇宙の法則の上に生かされている私たちに、脳があり、その中に価値観や考えがある。

 

もともと、比較できるレベルにないものなのである。

 

しかしながら、人間は、まず頭で受け入れてしまうので、真理も一つの知識、考え方として捉えてしまう。

 

真理を一つの価値観として、そのような価値観もあるのだと、自分の価値観と比べて置いてしまうのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20171016194222j:plain

 

宇宙の法則の上に生かされている私たちに、脳があり、その中に価値観や考えがあるのだね。

 

真我のエネルギーがあるからこそ脳は働くことができるのだけれど、その働いている脳では、5感で認識した自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いてしまって、偽我をベースとする発想になってしまう。

 

長い間、その偽我をベースとする発想が当たり前だということで、慣れきっているところで、真我をベースとする発想が宇宙の法則に沿って生きることになるよと言われても、そのような生き方もあるのかと、一つの知識として捉えるだけになってしまうのだね。

 

「偽我をベースとする発想」から「真我をベースとする発想」に切り替わるのは、人類にとって最大のパラダイム・シフトと言えるね。

 

知識ではなく、体験を通して、自分は自分で生きているのではなく、宇宙に生かされている存在であることに気づいていくことが、非常に重要になってくる。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

YSブログ研究会