因と縁が反応して結果となる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁12『Aさんとはとても馬が合うし仲良くできる。

 

ちょっとしたことがあっても、よい関係でいることができる。

 

一方、Bさんとは、会えば、すぐに言い合いになってしまう。

 

だから、Bさんとは関わらないようにするということで解決するのかというと、それは表面的なことにすぎない。

 

AさんやBさんでなくても、同じようなタイプと出会うと、あなたの心はいつでも同じように反応して、同じような結果になってしまうのである。

 

あなたの心の中に根本原因があるからである。

 

AさんやBさんが、現れようが現れまいが、あなたの心の中には、そのタイプはうまくいく、反対に苦手という因があるのである。

 

それが、表に現れるかどうかは、外界の縁が訪れるか否かということである。

 

因(タネ)である根本原因が、縁という環境原因と反応して、結果となるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170823184248j:plain

 

心はいつでも同じように反応して、同じような結果になってしまうのは、心の中に根本原因があるからなのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、心の中の想念や妄想による混乱が続いていて、その混乱していることに慣れきってしまっていて、その混乱に気づくことができない。

 

根本原因である心の中が混乱しているので、目の前の現象に振り回されることになる。

 

さらには、その不調和な状態で、調和しようとしても調和することはできない。

 

調和はしよとして、そうなるものではないのだね。

 

不調和な状態を抜け出すには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄み切ってくる。

 

自分の内側がエネルギーで満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

常に豊かな自分で在り続けることで、一瞬、一瞬の判断が適切なものとなり、その結果として、自然に周りと調和していくことができるのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

 

YSブログ研究会