心の働きが止む静寂:頁185〜186

ヨグマタ相川圭子著 宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」頁185〜186に、『普通には、常に心の働きあって、心を過去に連れて行ったり、未来に連れて行ったりして、それに翻弄されています。

 

このように、心が働きだすと、無心のところ、今にいることができません。

 

時間を超えた「本当の自分」とは違う世界が目の前に広がって、心を覆って曇らせています。

 

その心の働きが止んで静かになった時、本質の世界、「本当の自分」が現れるのです。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、目の前の現象に反応しまくって、心が揺れ動き続けて、エネルギーを消耗する。

 

そのため、視野が狭く、物事を偏って捉えてしまい、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなり、自然に視野が広がり、物事をより全体から捉えることができるようになって、何事にも上手くいくようになっていくのだね。

 

悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

宇宙に結ぶ「愛」と「叡智」 今を生きるための、ヨガと仏陀とキリストの教え

https://www.facebook.com/yogmataaikawakeiko/videos/vb.169451696443662/883688971686594/?type=2&theater

https://radiocloud.jp/archive/aikawa

https://www.youtube.com/watch?v=SjiO8yJXgIc

YSブログ研究会