必ず原因と結果の法則が働く

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁18に、『世界は、外に起きている現象面(外界)と、その現象面に反応している心(内界)がある。

 

この宇宙のシステムは、必ず、原因と結果の法則が働いていて、それは、針の穴のような、どんなに小さなことであっても、原因の無い結果はありえない。

 

私たちがよく言う、「運が良い」「運が悪い」というのにも、原因があるのである。

 

そういった、私たちの現象面(外界)を作り出している原因が、私たちの心である。

 

つまり私たちの心が決めることであり、また、その心が現象面に反映されるのである。

 

私たちの運命という結果の原因である心。

 

その一番奥にある「真我」が外界に反映され、また外界を「真我」からみたときに、まさにそこにはユートピアが展開されるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170706210741j:plain

 

私たちの現象面(外界)を作り出している原因が、私たちの心なのだね。

 

目の前の景色を良くするには、心の状態を良くする。

 

心の中が想念や妄想で混乱していると、現象面が混乱したものになるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、個体としての自分からの発想になるので、その自分や相手を裁き続けることになる。

 

エネルギーを消耗して、とても疲れる人生になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分ではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

そうすることで、偽我の自分や相手を裁くことによるエネルギーの消耗がなくなり、エネルギーが満ちてくる。

 

あっ、自分は自分で生きているのではなく、宇宙に生かされて存在なのだと思えてくる。

 

そこからの発想をすることで、物事の捉え方が変わってくる。

 

もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

YSブログ研究会