答えから出発は非常に楽で安全な道

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁96『今までの悟りというのは、山登りに喩えることができる。

 

今自分のいる地点から頂点を目指して登っていくのである。

 

その道のりには苦行や荒行があったり、また大変時間のかかる方法である。

 

さらには、一生かけても悟ることのできない場合が多い。

 

しかし、本当の悟りは、頂点から出発すのである。

 

真我という究極からスタートするのだ。

 

人間は等しく真我であるということは、最初から決まっている。

 

既に頂上にいるのだ。

 

既に悟っているのである。

 

だから、真我をあらゆることに表していけばよいだけなのである。

 

真我から出てくる心で仕事をし、家庭に向かい、お客様に接するのである。

 

もっと全体的になると、真我で教育をし、真我で医療をし、真我で政治をするのである。

 

もともと調和しているという答えに沿って行動していくのである。

 

すなわち、真我の実践である。

 

真我であるという大前提からスタートをして、それを実践して、確認をしていく作業だ。

 

これは、前者と比較すると、山を下りていく作業になる。

 

真我の実践によって、ますます確信が深くなっていくのである。

 

また、答えから出発するのであるから、非常に楽で安全な道なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20171004195126j:plain

 

もともと調和しているという答えに沿って行動していくのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、インプットされた基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)によって発想することになるので、自分や相手を裁き続けることになる。

 

「こうしなければ・・・」「ああしなければ・・・」というものに囚われ続けることになる。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることことで、心の中の想念や妄想が静まり、心の中がどんどん澄んでくる。

 

エネルギーの消耗が無くなると、自分の内側がエネルギーで満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことがでいる。

 

その結果として、自分はもともと調和している存在なのだと思えてきて、そこから発想することで、物事の捉え方が変化していく。

 

重苦しかった生き方が、軽やかになっていくのだね。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

YSブログ研究会