自分が誰なのかを知っていく

ヨグマタ 相川圭子 著 シッダーマスターが示す悟りへの道 頁144に、『今の世の中は、自分の思う通りにはなかなかなりません。

 

くよくよ悩む前に、はじめからそう思ってしまえばいいわけです。

 

多少怒りが込み上げても、意識をそこに集中させるのではなく、そんな自分をどこかで静かに見ている自分をつくればいいのです。

 

そういう自分がいつもいて、決して怒りの心とひとつにならない練習をしていきます。

 

これを気づきといいます。

 

高度な瞑想法で、覚醒している状態です。

 

言うのは簡単ですが、たいへん高度な意識の持ちかたといえます。

 

自分が誰なのかを知っていくプロセスの中で、次第にできるようになってくることです。』とある。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、過去の記憶や頭にインプットされたものに囚われて、視野が狭く、物事を偏って捉えてしまい、何事にも上手くいかず、悩みや苦しみの多い重苦しい生き方になってしまう。

 

そうならないためには、偽我の自分に意識を向けるのはなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることになる。

 

やり続けることで、心の中の想念や妄想による混乱が静まり、心の中が澄んでくる。

 

自分の内側からエネルギーが満ちてきて、もともと豊かな自分に気づくことができる。

 

豊かな自分で在り続けることで、自然に視野が広がり、物事をより全体から捉えることができるようになって、何事にも上手くいくようになっていくのだね。

 

悩みや苦しみの多かった重苦しさから解放されて、軽やかに生きることができるようになっていく。

 

今日もナーダ音に意識を合わせ続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

https://www.facebook.com/yogmataaikawakeiko/videos/vb.169451696443662/883688971686594/?type=2&theater

https://radiocloud.jp/archive/aikawa

https://www.youtube.com/watch?v=SjiO8yJXgIc

https://www.youtube.com/watch?v=M11-BrPZ2yo&t=177s

YSブログ研究会