正しい・間違いを超えた世界

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁22に、『人は、善と悪、正しい・間違いという概念を持っている。

 

しかし、天から見たら善も悪も似たようなものなのだ。

 

「私は善だ」「私は正しい」と思うところから、人々の争いは始まる。

 

総ての戦争も、自分たちが正しいと思うところから始まっている。

 

「私が正しい」と思っている人は救いづらい。

 

「私が間違っているかもしれない」と思える人は、早く気づくことができる。

 

お互いがそう思えば、争いごとは起こらない。

 

また、時代や環境によっても、善悪の基準は違う。

 

真我は、善悪、正しい・間違いを超えた世界である。

 

真我は総ての人に通用する。真我こそが、万人に通用する本当の愛なのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170204083930j:plain

 

善悪、正しい・間違いの世界は、自分が自分だと思い込んでいる自分(偽我)の中にある基準(固定観念、価値観、思い込み、拘りなど)に基づき判断しているからだね。

 

その基準は、自分が外側からインプットしたものかもしれないし、自分でも分からないようなご先祖様や前世からの過去の記憶かもしれない。

 

と言うことは、元々無かったところに植え付けらたものになるね。

 

だから、元々無かったところに戻ることで、善悪、正しい・間違いを超えた世界で生きることができると思えないだろうか?

 

老子の「上善は水のごとし」と言う言葉があるけど、これは、善悪、正しい・間違いを超えた世界で生きることであり、何物にも囚われない本当の自分(真我、満月、まんまる)に目覚めることだと思った。

 

そのためには、誰も内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に、意識を向け続ける。

 

今日も「真我の実践」を唱え続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

満月の法則

YSブログ研究会