固定化された実体は無い

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁70に、『目で人間を見るとき、普通は私たちの普段知っている肉体の人間が見える。

 

しかし、もし何万倍率も見える顕微鏡のような目を持っていたら、普段の肉体としての人間の姿には見えないだろう。

 

仮に細胞まで見える倍率の目があったら、人間でなく細胞として見える。

 

原子が見える目があったら、原子が見える。

 

しかし、どの倍率で見ても、その人間の事実であることに変わりは無い。

 

つまり私たちが見ている人間の姿は、ある固定化された倍率だけの世界、その人のレベルで見たものであって、そのものの実体ではないのである。

 

事実は無限になるのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170730202645j:plain

 

私たちが見ている人間の姿は、ある固定化された倍率だけの世界、その人のレベルで見たものであって、そのものの実体ではないのだね。

 

肉体は本当の自分(真我、満月、まんまる)ではないので、その肉体の5感にも囚われないことで、事実は無限と捉えることができるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)の中の基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)に囚われず、更には、肉体の5感にも囚われなくなることで、生命の本質に気づくことができる。

 

人は愛そのもののエネルギーで生かして頂いている存在なのだと思えてくる。

 

その愛とは、決して頭で捉えている愛と違う。

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続ける。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

シッダーマスターが示す悟りへの道

YSブログ研究会