現実が最悪は最高の状態

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁94に、『もし、あなたが「今の自分はもう嫌だ!」「こんな生活もう散々だ!」と現状に対して不満だらけだとしたら、あなたは意識を向上させていく上で、最高の状態と言える。

 

現状に満足していいたら、きっとあなたはその世界から抜け出ることが難しいだろう。

 

ここが刑務所だとして、「もう、こんなところは嫌だ!!」と思っている人がいる。

 

もう一方で「刑務所も捨てたものじゃないな。

 

食事も出るし、なかなか心地よいところだ・・・」という受刑者もいる。

 

この場合、刑務所からいち早く抜け出る可能性が高いのはどちらだろうか?

 

「こんな思いは二度と嫌だ!」と、しっかりまじめに務めたほうが早く出られるのであろう。

 

現実面が最悪なのは、意識の世界から見ると、最高の状態ともいえるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170809200140j:plain

 

現状に対して不満だらけだとしたら、あなたは意識を向上させていく上で、最高の状態と言えるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)で、不満無く生きているのは、最悪な状態になる。

 

本当の自分(真我)に気づくことなく、人生を終えることになってしまうからだね。

 

だから、偽我の自分を捨ててしまいたいぐらい追い詰められた時が、最高の状態になる。

 

どうすることもできない八方塞がりの時に、意識を上げることができ、真我である本当の自分に気づくことができる。

 

偽我の自分では全くどうすることもできなくなった時に、生命の本質に気づくことができ、自分は自分で生きていると言う思い込みが外れて、自分は宇宙に生かして頂いている存在だと思えてくるね。

 

そこからの発想で生きることで、物事の捉え方が変わってしまう。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

YSブログ研究会