現実面が最悪は最高の状態

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ2」の頁94に、『もし、あなたが「今の自分はもう嫌だ!」「こんな生活もう散々だ!」と現状に対して不満だらけだとしたら、あなたは意識を向上させていく上で、最高の状態と言える。

 

現状に満足していたら、きっとあなたはその世界から抜け出ることが難しいだろう。

 

ここが刑務所だとして、「もう、こんなところは嫌だ!」と思っている人がいる。

 

もう一方で「刑務所も捨てたものじゃないな。

 

食事も出るし、なかなか心地良いところだ・・・」という受刑者もいる。

 

この場合、刑務所からいち早く抜け出る可能性が高いのはどちらだろうか?

 

「こんな思いは二度と嫌だ!」と、しっかりまじめに務めたほうが早く出られるのであろう。

 

現実面が最悪なのは、意識の世界から見ると、最高の状態ともいえるのである。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170809200140j:plain

 

現状に対して不満だらけだとしたら、あなたは意識を向上させていく上で、最高の状態と言えるのだね。

 

不満が生じているのは、こうしなけばとか、ああしなければと思っても、思い通りにならないからなのだけれど、どうして思い通りにさせようとしているか、自分を見つめてみる。

 

思い通りにならないことではなく、思い通りにさせようとしている自分を見つめてみることで、自分の中の基準(固定観念、価値観、先入観、思い込み、拘りなど)に囚われていたことに気づくことができる。

 

その囚われいたものが外れることで、気分が軽くなっていく。

 

逆に、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識を向けて、偽我の自分を満足させようとすればするほど、気分は重くなっていく。

 

だから、偽我の自分に意識を向けるのではなく、誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続けることだね。

 

どんどん気分が軽くなっていくことで、楽に生きることができる。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ 2

 

 

YSブログ研究会