心身とも軽く軽やかに生きる

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ3」の頁30に、『人は前へ前へと進もうとする。

 

成長を、より知識を詰め込んで前進していくことと評価する観念を持っている。

 

しかし、いくら前に進んでも、その高さは変わらない。

 

高さが変わらないというのは、意識の次元が変わらないということである。

 

意識の次元が変化しないと、見える世界はどこまで行っても同じで、形は変わっても同じ出来事の繰り返しとなる。

 

アセンションするとは、意識次元が上昇するということである。

 

前に進むのではなく、上に昇るのである。

 

上に上がると、より広い視野で物事を見ることができる。

 

また、思慮も深くなり、全体を見通した考えができる。

 

同じ出来事が訪れても、見え方、捉え方が全く変わり、対処も変わり、前兆が変わるのである。

 

また、アセンションすると、執着がなくなり、心身とも軽くなって軽やかに生きることができる。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170902072806j:plain

 

上に上がると、より広い視野で物事を見ることができるのだね。

 

自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)に意識が向いていると、自分のことで精一杯で、視野が狭く、目の前の出来事に振り回されてしまう。

 

現在の社会システムの問題点なんて、分かるわけがないね。

 

偽我の自分に意識を向けるのではなく、真我の自分に意識を向けることで、より広い視野で物事を見ることができる。

 

より広い視野で物事を見ることができると、例えば、資本主義社会だから、資本家からすれば、視野が狭い人が多い社会の方が、都合が良いことが見えてくる。

 

視野が広い人が増えてくると、資本主義社会のシステムのおかしさが露呈してしまい、資本主義社会は成り立たないからだね。

 

まあ、資本主義は、資本家のための資本家による社会システムだからね。

 

当然、資本家にとって、都合の良いシステムになっている。

 

お金に対しても、イメージは変わってくる。

 

お金は何だろうかと思う。

 

現在、一番お金を動かしているのは、多分、人間ではない。

 

コンピューターというか、人工知能だね。

 

0と1のデジタル信号が、地球全体を駆け巡っていている。

 

ミサイルを打てば、リスクオフで、円高になり、株安となるワンパーンも見えてくね。

 

軍事予算の拡大に繋がり、軍事産業が喜んでいるのかもしれない。

 

いろいろあるけど、変化するものは変化してしまうので、本当に価値があるものは、変化しないものだと気づくことができる。

 

それが、本当の自分である真我なのだね。

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我、満月、まんまる)に意識を向け続ける。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願い致します。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

図解 神のメッセージ3

YSブログ研究会