絶えざる意識の向上を心掛ける

心の学校 佐藤学長の「図解 神のメッセージ」の頁104に、『人は、職場でいじめられたり、周りの人との人間関係がうまくいかないと、どうしてもそこから逃げたくなるものだ。

 

その時に、横に移動するか、縦に移動するかで、その後の人生が違ってくるのだ。

 

横に移動するというのは、職場なら転職、夫婦なら離婚ということだ。

 

それに対して、縦に移動するというのは、同じ場所、同じ環境にいながら、一挙に人間関係が素晴らしくなり、嫌いだった人を逆に愛せるようになるということだ。

 

それは、あなたの意識次元がアップするということでもある。

 

自分の意識を上げるには、今の環境をより深く見つめ、絶えざる意識の向上を心掛けることである。

 

また、意識がアップしてくると、その環境が合わなくなることもある。

 

その時には、自然と適材適所に定まってくるのだ。』とある。

 

f:id:tamago0141:20170622203439j:plain

 

人間関係がうまくいかない時に、横に移動するか、縦に移動するかで、その後の人生が違ってくるのだね。

 

うまくいかない時は、自分にとって、とても重要な学びの機会であるのだけれど、嫌だと言う思いで逃げてしまうことがある。

 

しかし、学びがないと、結局、また同じことを繰り返すことになる。

 

だから、うまくいかない時は、学びの機会だと捉えて、今の環境をより深く見つめ、絶えざる意識の向上を心掛けることなのだね。

 

嫌だと言う思いは、自分が自分だと思い込んでしまっている自分(偽我)である心と肉体に、意識が向いていると生じる。

 

偽我の自分ではなく、本当の自分(真我)に意識を向け続けることで、囚われていて嫌だと言う思いの原因に気づくことができ、その囚われを手放していく。

 

誰もに内在する究極の全体意識、本当の自分(真我)に意識を向け続ける。

 

今日も本当の自分に意識を向け続ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます。(^^)
応援クリックよろしくお願いいたします。
Ctrlキーを押しながら2つクリックしてね。

 

神のメッセージ

YSブログ研究会